review

今夜金曜ロードSHOW「るろうに剣心 伝説の最期編」への批判を全力でかばってみる

評価は真っ二つ

日本テレビ系『金曜ロードショー』での『るろうに剣心祭り』も今日で3週目のオーラス。和月伸宏の人気マンガを実写化したシリーズ第三作、『伝説の最期編』がノーカット放送されます。
「るろうに剣心 伝説の最期編」DVD/アミューズソフトエンタテインメント

“数字”はとても正直。2012年公開の第一作『るろうに剣心』が興行成績30億を叩き出し、二作目『京都大火編』は約52.2億円。映画の高評価が収益にも反映され、続編で右肩上がりの理想的な展開でした。そして三作目の『伝説の最期編』は43.5億円……あれ、下がってるよ最終作?

実際、映画サイトでも『伝説の最期編』の評価は真っ二つ。「アクションはすごい!」というのと「アクションはすごいんだけど」と分かれている…ようで、結局は同じことを言っています、つまるところ、アクション以外の矛盾やアラに目をつぶれるかどうかが評価の分かれ目。
が、一見してダメな箇所も、実は理由がある。せっかく邦画の枠を超えた大作を観るのに、モヤモヤを抱えていたのでは心の底から楽しめない。そこで、「伝説の最期編」で批判されているところを全力でかばってみます!

十本刀の扱いがひどい!


明治政府転覆をもくろむ志々雄真に仕える同志の中でも、特に抜きんでた戦闘力を持つ精鋭集団という十本刀。その中でも“刀狩“の張が、前作で長回しのバトルを演じていたため、これ以上のすごい戦闘が……と期待が高まっていただけに、落差も激しかった。実力がトップに近い“盲剣”の宇水でさえ、砂浜で斎藤一に瞬殺という体たらくでしたから。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「金曜ロードSHOW」に関する記事

「金曜ロードSHOW」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「金曜ロードSHOW」の記事

次に読みたい「金曜ロードSHOW」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク