90s

小室哲哉によって運命が変わったB級アイドルを振り返る

小室哲哉によって運命が変わったB級アイドルを振り返る
TM NETWORK時代からアイドル好きで有名だった小室哲哉。好きこそものの上手なれ。小室のアイドルプロデュース曲は90年代を席巻する。90年代初頭には、「3M」と呼ばれたトップアイドル、宮沢りえ、観月ありさ、牧瀬里穂もプロデュース。それぞれのアーティストとしての代表作を与えている。

しかし、そのプロデュース力はトップアイドルよりもB級アイドルに向けての方が真価を発揮していた気がする。それは未完成の方が育て甲斐があったからか、それとも単に趣味・嗜好の部分なのか……。いずれにせよ、ゼロまたはマイナスからのスタートだけに、その成功が色濃く感じるのは間違いない。
小室プロデュースにより、B級アイドルの地位から脱却してアーティストとして大ブレイクした代表と言えば華原朋美だが、今回は彼女以外の「運命が変わったB級アイドルたち」を紹介したい。

篠原涼子(東京パフォーマンスドール)


TPD(東京パフォーマンスドール)は、歌とダンスのセンスが光っていたアイドルグループ。小室とTPDは同じレコード会社であり、小室はTPDのライブを何度か視察する関係だった。TMNの『Love Train』(1991年)のPVにもTPDメンバーが出演している。そして、1992年『十代に罪はない』から小室プロデュースがスタート。翌93年には日本武道館2DAYSを成功させるまでに成長を遂げる。

しかし、これを機に小室サウンドを卒業し、メンバーのソロでの活躍が目立つようになる。ここで再び、小室の寵愛を受けたのが篠原涼子だ。正直、TPD内においての彼女のポジションは今一歩だった。

あわせて読みたい

  • 年間ランキングを席巻! 小室ファミリー伝説を振り返る

    年間ランキングを席巻! 小室ファミリー伝説を振り返る

  • 華原朋美の暴走アイドル時代 下ネタ三昧だった過去

    華原朋美の暴走アイドル時代 下ネタ三昧だった過去

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2015年11月19日の90s チョベリー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース