review

“過去”になることを頑なに拒否し今を生き続けた天龍源一郎「プロレスファンは過去に生きる」なんて嘘だ 

11月15日に両国国技館にて行われた、天龍源一郎の引退試合。正直、卒業式のつもりで会場に向かってました。プロレスというジャンルからの卒業式。

天龍が教えてくれた“掘り起こすプロレス”


そういえば記者がプロレスを観始めたのは、“天龍革命”が巻き起こる『全日本プロレス中継』が入り口でした。
当時の天龍の雰囲気は、全日本プロレスに所属する他選手とは明らかに異質。あのリンチまがいの闘いぶりを観るや、彼のことを当然のようにヒールだと認識してしまいます。正規軍に所属する鶴田こそ、“善玉”。テレビを観るだけの小学生だった私は、それがファンの共通認識だと確信していました。
“過去”になることを頑なに拒否し今を生き続けた天龍源一郎「プロレスファンは過去に生きる」なんて嘘だ 

マニア度が進むにつれ、専門誌を買うようになる。そこで、初めて気が付きます。どうやら、私は何もわかっていなかったらしい。ファンがどれだけ、天龍の運動を支持しているか。インタビューで飛び出す天龍の語録も、いちいち考えさせるものがありました。「ハンセンにはプロレスラーの凄さを、ブロディにはプロレスの凄さを教えられた」とは、どういうことなのか? 深く深く、子どもなりに読み取ろうとします。
私がプロレスに目覚めた頃、専門誌がプッシュする“時代の顔”は間違いなく天龍源一郎と前田日明でした。この時期にファンになれたという事実に、私には揺るぎのない優越感がある。それ以前より、それ以後より、この時代こそが掘り起こすプロレスのピークだった。“やる側”と“語る側”のバランスが、最高の形で成立。ただの娯楽じゃなく、同時に“語る側”の独り善がりでもなく。

あわせて読みたい

  • 新日本プロレスが人気を取り戻した理由

    新日本プロレスが人気を取り戻した理由

  • 長州の反乱を容認する猪木、箸を使って高田を誘う藤原組長〈長州力×高田延彦2〉

    長州の反乱を容認する猪木、箸を使って高田を誘う藤原組長〈長州力×高田延彦2〉

  • 「電通に入っていたら大成功していた」糸井重里も絶賛、コピーライター長州力

    「電通に入っていたら大成功していた」糸井重里も絶賛、コピーライター長州力

  • 前田日明「飯が食えなきゃどうにも」

    前田日明「飯が食えなきゃどうにも」

  • レビューの記事をもっと見る 2015年11月17日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース