90s

「死刑台に上がるみたいな気分だった」高田延彦vsヒクソン・グレイシーを振り返る

「死刑台に上がるみたいな気分だった」高田延彦vsヒクソン・グレイシーを振り返る
1997年10月11日。この日付だけで「あの日」を思い出すプロレスファン、格闘技ファンは多いのではないだろうか? 
そう、東京ドームにおいて高田延彦vsヒクソン・グレイシーが行われた『PRIDE1』が開催された日だ。

ヒクソン・グレイシーのギャラは1億円以上!?


世紀の一戦と呼ばれたこの闘いの正式名称は「ザ・ワールド・マーシャルアーティスト・チャンピオンシップ/ヒクソン・グレイシー×高田延彦」。『PRIDE1』は、「最強」を掲げていた日本のプロレス界を代表する男と「400戦無敗」を掲げていたグレイシー柔術最強の男、この二人のリアルファイトを実現させるために生まれたイベントだ。

VIP席の値段は10万円と超破格ながら、主催者発表で4万6,863人の観客を動員。地上波中継はなかったが、パーフェクTV!(現・スカパー!)がペイパービュー放送による完全生中継を実施。日本初となる格闘技中継のペイパービューとしても話題を呼んだ。
また、この時のヒクソンのギャラは一説には約1億2,000万円(85万ドル)と言われており、勝利者賞は2,000万円。そのスケールの大きさも世紀の一戦にふさわしいと言えよう。メディアへの影響力も大きく、プロレス・格闘技雑誌、スポーツ誌のみならず、一般週刊誌や新聞までもが大きく取り上げ、広く世間を賑わしている。

「お騒がせ女優」藤谷美和子も参加!?


その影響力の高さは主催者によるところも大きかったかも知れない。イベントの主催者は、各メディアから集まった有志たちによる実行委員会『KRS』。正式名称は「格闘技レボリューションスピリッツ」。イベント制作会社や広告代理店のスタッフが集い、小室哲哉が所属するTKトラックスの人間がスーパーバイザーを務めていた。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年12月3日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。