review

作家になったのは永六輔を見返すため? 野坂昭如『マスコミ漂流記』

       
今年、創設から80年を迎えた芥川賞と直木賞。7月発表の上半期の芥川賞にはお笑いコンビ・ピースの又吉直樹の『火花』が選ばれ、今年最大のベストセラーとなった。

もっとも芥川賞・直木賞の歴史をひもとけば、芸能・マスコミ関係者の受賞はけっして珍しくはない。芸人で芥川賞を受賞するのは又吉がたしかに初めてかもしれないけれど、直木賞受賞者では、放送作家だった青島幸男や景山民夫がテレビのバラエティ番組で台本を書くだけでなく自らコントを演じて人気を集めたし、同じく放送作家出身の野坂昭如はかつて「早稲田中退・落第」という漫才コンビを野末陳平と組んだことがある。

もっとも、このコンビ、新宿松竹文化演芸場のテストに合格して舞台に立ったはいいものの、漫才を始めた途端に客席は水を打ったように静かになり、ついには野坂が土下座して「お願いです。どうか、笑ってください」と懇願するというさんざんな結果に終わったそうな(大下英治『わが青春の早稲田』)。1960年、野坂昭如が30歳を目前としていたころだった。

ライバル・永六輔に「恋人」をとられる


野坂昭如がマスコミ業界に足を踏み入れたのは1956年、作詞・作曲家の三木鶏郎が主宰する「冗談工房」に入ったときだった。以来、当時開局したばかりだった民放ラジオ、さらにはテレビのため番組台本やCMソングの作詞を手がけ、売れっ子となる。

この「冗談工房」の先輩に3歳下の永六輔がいた。10代のときから放送作家として才能を発揮していた永は、「冗談工房」で23歳にして社長を務めており、野坂は入社当初は彼のマネージャーみたいなことをしていた。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「芥川賞 + 高橋弘希」のおすすめ記事

「芥川賞 + 高橋弘希」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュース

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「直木賞」のニュース

次に読みたい関連記事「直木賞」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年12月31日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 芥川賞 高橋弘希

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。