90s

フライデー事件がきっかけで誕生した『平成教育委員会』

1月9日に『平成教育委員会2016』が放送された。現在のクイズ番組といえば、もっぱら平成教育委員会のようなタレント出演型がほとんど。
ところがかつてのクイズ番組は、視聴者参加型が主流であり、現在も存続しているのは『アタック25』、『高校生クイズ』ぐらいだろう。

今回は大所帯でのタレント出演型クイズ番組の草分け的存在ともいえる『平成教育委員会』の歴史を振り返っていく。

視聴率30%超! レギュラー番組時代の『平成教育委員会』


今でこそスペシャル枠の『平成教育委員会』だが、かつてはレギュラー番組だった。とはいえ、番組の構成は現在と変わらず、全国に点在する小中学校および高校の問題をタレント陣が解答し、最後に最優秀生徒の発表するスタイルだった。

1991年に放送開始となった『平成教育委員会』は1997年まで続いた。ビートたけしは「蓋を開けたらあっという間に視聴率が30%を超えた」と自著で述べている。
その言葉通り、『平成教育委員会』は高視聴率を記録し続け、たけしが事故から復帰した回は35.6%という記録的視聴率を記録した。

逸見政孝の死とビートたけしの事故


『平成教育委員会』は当初、「教師」役であるビートたけしと「学級委員長」役の逸見政孝が番組を仕切っていた。たけしと逸見政孝のやり取りは軽妙で、名コンビとして知られていた。
しかし、逸見は癌治療のため、1993年10月に降板。闘病の末に同年12月25日に死去してしまう。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年1月16日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。