review

SMAP“ラスト”シングル「Otherside」に見える独立への決意と解散の危険性

SMAPの分裂・解散騒動で日本中が揺れている。所属するジャニーズ事務所側はこの件について「協議・交渉」がなされている事実を認めており、今後の推移が注目される。

すでに多くの報道がなされているが、騒動の発端となったのは昨年1月に「週刊文春」で行われたメリー喜多川副社長のインタビュー記事。このとき、メリー喜多川副社長とSMAPを国民的アイドルに育てたマネージャーの飯島三智氏との間の軋轢が表面化し、昨夏頃にはSMAPのメンバーとともに独立する決意を固めたのだという。

ここで注目したいのが、昨年9月に発売されたSMAPの現時点での“ラスト”シングル「Otherside」(作詞:Leo今井、作曲:MIYABI)である。歪んだギターとアップテンポなリズム、縦横にかけめぐるホーンセクションが印象的なファンキーロックだ。
SMAP“ラスト”シングル「Otherside」に見える独立への決意と解散の危険性
『バンド臨終図巻』速水健朗 、円堂都司昭、栗原裕一郎、大山くまお、成松哲/河出書房新社

筆者は以前、『バンド臨終図巻』(速水健朗、円堂都司昭、栗原裕一郎、成松哲との共著、河出書房新社)という書籍で、古今東西の200に及ぶバンド、グループ、ユニットの解散について調査したことがある(5人の共著なので筆者の担当は40弱)。

バンドには「音楽性の違い」などではない、さまざまな解散の理由があると思い知らされたのだが、それとは別に個人的に気になったのが、“最後の曲に込めた解散メッセージ”である。

たとえば、先日再結成が発表されたTHE YELLOW MONKEYが解散前に発表したラストシングル「プライマル。」(01年)は、「振り切ったら飛べそうじゃん 今度は何を食べようか 卒業おめでとう」と歌う卒業ソングである。

あわせて読みたい

  • 「27時間テレビ」SMAPドラマを振り返る

    「27時間テレビ」SMAPドラマを振り返る

  • SMAPに嵐、参加者には全員の寄せ書きサインが! ジャニーズ募金イベントMarching J参加レポ

    SMAPに嵐、参加者には全員の寄せ書きサインが! ジャニーズ募金イベントMarching J参加レポ

  • キリンジ、SMAPの作曲家との幸せなコラボ〈坂本真綾インタビュー 後編〉

    キリンジ、SMAPの作曲家との幸せなコラボ〈坂本真綾インタビュー 後編〉

  • レビューの記事をもっと見る 2016年1月15日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース