90s

SPEEDの曲に秘められた"過激なエロさ"

90年代後期に旋風を巻き起こした人気グループSPEED。パワフルで洗練された歌唱力とキレのあるダンスはミュージックシーンに衝撃を与えたが、さらに驚いたのはその年齢だ。デビュー時点でのメンバーの年齢は12歳~15歳。とても小6から中3までの少女たちとは思えない実力と完成度だったのである。
実年齢よりもはるかに大人びた印象を与えたのは、歌詞のインパクトも大きかった。こんな義務教育中の子供が歌っていいの? って感じの過激さだったのである。

【デビュー曲『Body & Soul』で処女喪失?】


1996年8月のデビュー曲『Body & Soul』。ざっくりまとめると、「平凡な毎日に退屈してるから、もっと刺激をちょーだい!そのために、一歩踏み出しちゃお!」って感じの歌詞である。
元気いっぱいに弾ける勢いでスルーされがちだが、歌詞をよく聴いてほしい。

最初のサビ直前のフレーズ、「痛い事とか怖がらないで もっと奥まで行こうよ いっしょに」とある。「処女喪失」をイメージするなと言う方が無理な話ではないだろうか?
サビで「全部脱いじゃえば」「勇気を出して」と畳み掛けるのも、「バージンなんて捨てちゃえば」と同じ意味にしか思えないのである。

【2nd『STEADY』で「愛のない肉体関係」を嘆く?】


続く2nd『STEADY』。そもそも、「STEADY」とは「決まった相手との交際」「確かな関係」を指す単語。
「あの娘にしてるみたいに きつく抱いてほしい」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク