bit

ニコンがミュージアムで売っている羊羹が人気! 「ニコンようかん」誕生の経緯を聞く

       
ニコンがミュージアムで売っている羊羹が人気! 「ニコンようかん」誕生の経緯を聞く
昔ながらの製法で作られた羊羹は、一つ一つ丁寧に包装される(写真提供・Nikon)

カメラなどの精密機器を製造するニコンのミュージアムが、JR品川駅港南口から徒歩7分のところにある。2017年7月に迎える創立100周年を記念して、2015年10月17日にオープンした。

入場者数は2月22日の時点で2万人を超え、半数以上が男性の来場者だという。そのミュージアムでお土産として売られている「ニコンようかん」が大人気らしい。「ニコンミュージアム」に伺い、「ニコンようかん」誕生の経緯を取材してきた。

ニコンミュージアムをまわる


ニコンがミュージアムで売っている羊羹が人気! 「ニコンようかん」誕生の経緯を聞く

入ってすぐのところにいきなりのミュージアムショップが! 出入り口はここ1カ所なので、まずお土産を眺めてミュージアムをまわっている間にどれを購入するかを悩んでもいいし、最後の楽しみに取っておいてもいい。
ニコンがミュージアムで売っている羊羹が人気! 「ニコンようかん」誕生の経緯を聞く

ミュージアムを入って正面には、光学ガラス溶解用の大型「るつぼ」が展示(2月24日から4月上旬まで)。

シアターでは10分程度の映像で、ニコン100年の歴史を見ることができる。ここで流れる映像はニコン100周年のために作られたものだ。アニメ・ゲームミュージックほかで知られる和田薫氏によって作曲された交響組曲に乗せて、創業当時の写真など貴重な資料が映し出される。

展示ゾーンには、カメラ約450点も展示されている。
ニコンがミュージアムで売っている羊羹が人気! 「ニコンようかん」誕生の経緯を聞く


左が1948年発売のニコン初の小型カメラ「Nikon I型」。「Nikon」というブランド名が初めて使用された。右は1957年に発売された「Nikon SP」と「FLASH UNIT BC-5」。フラッシュには閃光電球を使用し、発光のたびに電球の交換が必要だった。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年3月12日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。