80年前の1936年2月20日、後に日本のスーパースターとなる男がこの世に生を受けた。
男の名は長嶋茂雄。

本日2016年2月20日で、「ミスタープロ野球」長嶋茂雄は“傘寿”80歳を迎えた。誕生日を記念し、同日付けで7年ぶりの自著『野球人は1年ごとに若返る』も発売されている。
長嶋茂雄80歳。ビートたけしとテリー伊藤はスーパースターをこう語る
『野球人は1年ごとに若返る』(長嶋茂雄/KADOKAWA)

第2次長嶋政権時の1996年2月20日、キャンプ中に赤いちゃんちゃんこを記者団からプレゼントされ、「今日、はじめての還暦を迎えまして……」とお茶目なコメントを残したあの日から、早20年の歳月が流れてしまった。

それはつまり、現役時代はおろか、監督時代もリアルタイムで見ていない、という若い野球ファンが増えてきたことを意味する。彼らにしてみれば、「何だってメディアは長嶋茂雄という人をここまで大きく取り上げるの?」という疑問を抱いてもおかしくはない。

だからこそ、長嶋茂雄は何がすごいのか、は後世に語り継がなければならない。

もちろん、記録面・プレー面における功績だけを見ても、長嶋が稀有な存在であることは間違いない。だが、長嶋茂雄という存在がここまで大きなものとして扱われるのは、「文化としての長嶋茂雄」の側面があるからだ。そんな一面についても、また語り継ぐ必要がある。

そんな「語り部」として打ってつけの存在が、ビートたけしテリー伊藤、2人の熱狂的長嶋信者だ。

長嶋 茂雄  1936年2月20日生 御年80歳
ビートたけし 1947年1月18日生 御年69歳