bit

徳川家康、実は三方ヶ原の戦いで漏らしていなかった!?

【嘘の記述が広まってしまった!?】


これらのことから考えると、家康脱糞ネタの出所となったのは「三河後風土記」(実際に「三河後風土記」以前の文献では家康の脱糞について書かれたものはない)であるが、ここに書かれた内容は真実ではなかったということが読み取れる。
しかし、この「三河後風土記」で書かれていた「家康が脱糞しながら逃げ帰り、大久保忠世がそれを馬鹿にした」という誤りの情報だけが、世間に浸透してしまったのではないだろうか。

さらに付け加えると、「改正三河後風土記」の「遠州一言坂軍(一言坂の戦い)の事」という章に、該当する記述が含まれている。
一言坂の戦いとは三方ヶ原の戦いの前哨戦のこと。つまり元ネタとなった話も、三方ヶ原の戦いでの出来事ではないことが分かる。
話が回りまわって、三方ヶ原の戦いで家康が漏らしたことになったのだろう。

【「しかみ像」と三方ヶ原の戦いは関係なし!?】


そして三方ヶ原の戦いの後、敗北を生涯忘れないために家康が描かせたとされている「しかみ像」も、実は三方ヶ原の戦いと関係がなかったのではという意見がある。

2015年10月24日付の読売新聞によると、徳川美術館の学芸員である原史彦氏がこんな指摘をしている。
しかみ像と三方ヶ原を最初に結びつけたのは、徳川美術館を創設した19代の徳川義親であり、美術館創設の翌年に地元新聞の対談で語ったことがきっかけだった。そして1972年に徳川美術館の収蔵品図録にて、家康が自ら描かせて生涯座右を離さなかったと記載されたことで、現在のイメージになったとのことだ。
記事内では、「義親氏は開館したばかりの美術館を宣伝するキャッチコピーのような感じで、サービス精神から言ったのでは。それが様々なメディアで流れることで定説化した」という趣旨の原氏のコメントが紹介されている。

このように現在まで広く言い伝えられているエピソードもよくよく調べてみると、眉唾な話であることが分かる。とはいえ、これらの説も新たな書状が発見されれば、簡単に覆ってしまうこともよくある。しかしそれこそが、歴史学の魅力とも言えるのではないだろうか。
(真田時宗)

画像:「徳川家康大全」より

あわせて読みたい

  • 真田昌幸の掌返しが凄い「真田丸」

    真田昌幸の掌返しが凄い「真田丸」

  • "水どう"のよう? 大河ドラマの演出

    "水どう"のよう? 大河ドラマの演出

  • 「真田丸」を歴史オタが絶賛

    「真田丸」を歴史オタが絶賛

  • 共通点も 16年大河と"半沢直樹"

    共通点も 16年大河と"半沢直樹"

  • コネタの記事をもっと見る 2016年6月26日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース