芸能界には、いつの時代も「魔性の女」と呼ばれる女優がいます。今ですと、ドラマの共演者と度々噂になる、石原さとみや蒼井優が代表格でしょうか。あるいは、脚本家の野島伸司から、ハンカチ王子こと斎藤祐樹、果ては、くりぃむしちゅーの有田まで、幅広いジャンルの男性と浮き名を流す、雑食系女子、深田恭子も外せないところです。 

90年代を代表する魔性の女、鈴木保奈美


鈴木保奈美は間違いなく、こうした「魔性」の系譜に連なる女優です。1966年生まれで、今年、御年50歳。現在は主婦業の合間に雑誌のインタビューやドラマの助演をこなすという、悠々自適なタレント生活を送っているこの石橋貴明婦人ですが、90年代前半においては、時代を代表するテレビドラマのヒロインでした。
中でも、彼女の人気を不動のものにしたのが、フジテレビ系の連続ドラマ『東京ラブストーリー』です。保奈美演じる赤名リカの、自由奔放でストレートに感情を表現するキャラクターは、たちまち同世代女子の憧れの的に。彼女が劇中でしていた髪型やメンズライクなファッションはこぞって真似され、織田裕二演じる永尾完治を呼ぶ「カン~チ!」の一言は、流行語にもなりました。

『東京ラブストーリー』のプロデューサー・大多亮氏と不倫関係に


この『東京ラブストーリー』のプロデューサーを務めていたのが、現在フジテレビの常務取締役を務める大多亮氏です。彼は俳優個人との付き合いを通して、マンツーマン指導をするタイプの作り手。そのレクチャーを施している最中に、一線を越えてしまったのでしょうか。『東京ラブストーリー』の前後、大多Pと保奈美は恋愛関係にありました。大多は既婚者であったため、いわばこれは不貞行為。今だと「ゲスプロデューサー」として、世間から断罪されていることでしょう。