review

新次郎のXデーが来てしまう「あさが来た」152話

       
朝ドラ「あさが来た」(NHK 月〜土 朝8時〜)3月29日(火)放送。第26週「柔らかい心」第152話より。原案:古川智映子 脚本:大森美香 演出:西谷真一
新次郎のXデーが来てしまう「あさが来た」152話
イラスト/小西りえこ

152話はこんな話


新次郎(玉木宏)の余命がわずかと知ったあさ(波瑠)は仕事を辞める決心をする。

新次郎のXデーが気になる


今までずっと仕事を第一に考えて外を飛び回っていたあさが、優先順位の一番を新次郎にしようとすることに、なみなみならぬ覚悟を感じる。これまでずっと新次郎があさに尽くしてくれていたのだから、そりゃあお返しししないとなあ。
こうなると、今まであさが家庭を顧みず、仕事ばかりしてきたことまでも、このドラマの最後の伏線だったかのように見えてくる。

仕事も愛も手に入れてきた主人公が最後に何を選ぶのだろうか。

最終週、新次郎がいつ亡くなるか。最終回か。その1話前の金曜日か。惣兵衛(柄本佑)も五代(ディーン・フジオカ)も金曜日だった。「マッサン」のエリーも金曜日だった。はたまたもっと早いのか・・・。なんだかそんなことばかり考えて、1話たりとも見逃せないように、煽りに煽っている制作の思惑を感じてならない。本来、NHKはCM収入ではないから視聴率をそんなに気にしなくていいはずなのだが、数字がいいほうがいいには決まっているから、ゲストも次々投入(今日は山口智充)し、懐かしい炭坑編の人たち(梶原善、山崎銀之丞)も登場させている(ように見える)。
とはいえ、大森美香は、視聴率をあげるための釣り餌でドラマを構成するだけにはしていない。新次郎があさのために植えようとした樹木のエピソードに、彼女の作家性が表れていたように思う。植樹のエピソード自体は原案小説「土佐堀川 女性実業家・広岡浅子の生涯」にもあるけれど、大森が加えた添え木をするところにハッとした。植木屋(山口智充)が木にそっと添え木をした時、それがあさと新次郎夫婦の姿のように見えたのだ。木はあさ、添え木は新次郎だ。木がすくすくと伸びていくように新次郎は40年以上、ずっと寄り添い支えてきた。そう思うと、すでに泣けてくる。

もうひとつ、大森美香、すごい! と膝を打つのは、この、原案の植樹の話に書かれた一文から、新次郎新次郎の雨のジンクスを想像したのではないかと思えることだ。この一文は引用しない。単行本の236ページをぜひ確認してほしい。
(木俣冬)

木俣冬の日刊「あさが来た」レビューまとめ読みはこちらから

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュース

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュース

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「あさが来た」

朝ドラ「あさが来た」

幕末から明治、大正の時代に活躍した実業家・広岡浅子を波留が演じた。1988年に出版された古川智映子の『小説 土佐堀川』を原案とし、大森美香が脚本を手掛けている。2015年9月28日〜2016年4月2日放送。

2016年3月30日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。