review

「いけすかない老婦人」あさ対らいてう女のバトル「あさが来た」153話

朝ドラ「あさが来た」(NHK 月〜土 朝8時〜)3月30日(水)放送。第26週「柔らかい心」第153話より。原案:古川智映子 脚本:大森美香 演出:西谷真一
「いけすかない老婦人」あさ対らいてう女のバトル「あさが来た」153話
イラスト/小西りえこ

153話はこんな話


平塚明(大島優子)が大阪に訪ねてきて、あさ(波瑠)に対する悪い印象を並べ立てる。その時は穏やかに接していたあさだったが、内心は立ち直れないほどの気落ちをしていた。
その後、あさはすっぱり仕事と縁を切り、新次郎と共に時を過ごすようになった。

あさを輝かせた平塚らいてう


新次郎があさにくれたパチパチはんが梅の木でできていると、あさの母・梨江(寺島しのぶ)が何気なく言っていた台詞が、植樹の梅の木に生かされるとは、なんて素敵なのだろう。
そんな冴えてる脚本家・大森美香の心の中を妄想してみた。
最終週をどうするか、悩みに悩む脚本家・大森美香。
「あさが来た」は新次郎とあさの夫婦の姿が人気だったので、ふたりの話でまとめたい。夫婦を描いた「マッサン」の最終週が大いに盛り上がるいい話だったので、やはり、どちらか一方が亡くなる時の最大の夫婦愛を描くのが妥当だろう。となると、あさが仕事でなく新次郎を選ぶ流れにしなくてはならない。今までずっとあさは本当に新次郎が好きだったのか明かさずに来た。最初、新次郎は親の決めた許婚でしかなく、あさはまだ幼かったため、流れで結婚生活をはじめてしまったものの、大好きな仕事をするうえで、最高の支えになってくれる人だったから、長く一緒にいられただけと思えないこともない。

あわせて読みたい

  • 新次郎の寿命が…「あさが来た」151話

    新次郎の寿命が…「あさが来た」151話

  • 傲慢なおばさん呼ばわり「あさが来た」

    傲慢なおばさん呼ばわり「あさが来た」

  • 惣兵衛死す「あさが来た」1149話

    惣兵衛死す「あさが来た」1149話

  • 上方女言葉で恋に「あさが来た」148話

    上方女言葉で恋に「あさが来た」148話

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2016年3月31日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュース

    次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    あさが来た

    あさが来た

    『あさが来た』は幕末から明治、大正の時代に活躍した実業家・広岡浅子をモデルにしたNHK連続テレビ小説。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース