bit

31歳の若き職人が作る「ワインみたいな醤油」

ホントに醤油!? おしゃれすぎるパッケージ


今、私が自宅で使っている醤油は福岡県糸島市にあるミツル醤油醸造元の「生成り、」シリーズ。家に人が来たとき、テーブルに出すと、必ず「これ何?」と聞かれる。

31歳の若き職人が作る「ワインみたいな醤油」
「生成り、」シリーズ

パッケージには、どこにも醤油と書いていない。下の方にさりげなく書かれた年号は、まるでワインのヴィンテージ(ブドウ収穫年)のよう。なんだか日本酒のようにも見える粋なデザインだ。

この醤油らしからぬパッケージに込められた思いとは? 商品をつくっているミツル醤油の城慶典さんに話を聞いた。

昔ながらの醤油づくりが夢だった


31歳の若き職人が作る「ワインみたいな醤油」
見れば見るほど、潔い

――醤油に見えない、シンプルでおしゃれなパッケージですよね?
「本当はこの醤油に関してPRしたいこと、パッケージに書きたいことはいっぱいあるんですが、書きすぎるとゴチャゴチャして逆にわからなくなってしまうかな、と思って」

城さんは、ミツル醤油の4代目。祖父の代までやっていた、手作りの麹で木桶に仕込む昔ながらの醤油づくりを、2010年に復活させたそう。

31歳の若き職人が作る「ワインみたいな醤油」
昔ながらの木桶仕込み

醤油づくりは学生時代から城さんの夢だったという。ただ、当初は醸造用の木桶や麹室の準備も必要だったため、まずは手軽にできる"つゆ"や"ぽんず"からスタート。そのとき、単なる無添加で自然な味わいというだけではなく、原料や土地への思いも感じてもらいたいと思い、「糸島テロワール」というコンセプトを打ち出した。テロワールはワイン用語で、"土地の気候風土"というような意味。ワインの場合はブドウが育った土地の特徴がブドウの味に直結する。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年4月5日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。