bit

運賃たった10ユーロ!欧州のローコスト国際新幹線で「立ち乗り席」に乗ってみた

ヨーロッパは外国が近い。例えばブリュッセル・パリ間は約300kmしかなく、日本だとほぼ東京・名古屋間の距離にある。そのヨーロッパで4月3日、ブリュッセル・パリ間を約10ユーロ(約1300円)で繋ぐ高速鉄道が走り出した。タリス「イージー(IZY)」である。

タリスとはベルギー、フランス、オランダ、ドイツなどを繋ぐ欧州の国際新幹線のこと。イージーはそのLCC(ローコストキャリア)だ。

運賃たった10ユーロ!欧州のローコスト国際新幹線で「立ち乗り席」に乗ってみた
パリ北駅に停車中のイージー


欧州の高速列車は立ち乗りができない


イージーはなぜ安いのか。その理由は立ち乗りにあった。イージーの最安値10ユーロの運賃は「座席を保障しない」切符なのだ。

欧州の高速鉄道は、基本的に座席数以上の乗客は乗せない。つまり座席が埋まってしまえば、それ以上その便の切符は買えず、日本の新幹線のように立ち乗りでの乗車はできない。ところがイージーは、1便10人に限り「座席を保障しない」というカテゴリーを設け、10ユーロで売り出した。

「座席を保障しない」ことは「必ず立ち乗りになる」わけではない。もし乗車した便に空席があれば、座ることができる。満席の時は、ビュッフェ車両(ただしイージーではビュッフェの営業はない)で目的地までを過ごす。

運賃たった10ユーロ!欧州のローコスト国際新幹線で「立ち乗り席」に乗ってみた
ビュッフェ車両


実際立ち乗り席に乗ってみた


座席保障がない切符での乗り心地はどうなのか?

実際乗ってみると、やはり2時間半の移動は少々疲れた。イージーは高速専用線ではなく在来線を通るためか、揺れも気になった。試し乗りした営業初日の便は空席があったため、他の10ユーロ客はすべて座っていた。そのためビュッフェ車両はスペースがあったものの、もし10人全員がビュッフェ車両内に立っていたら、もう少し疲労を感じていたかもしれない。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年4月5日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。