review

「昼のセント酒」はフリをめっちゃ効かせた「孤独のグルメ」

人気ドラマシリーズ「孤独のグルメ」の原作者・久住昌之氏が原案を務める土曜ドラマ「昼のセント酒」が9日から放送開始された。
『昼のセント酒』カンゼン

全ては最高のビールの為に……、飲酒の為に存在する徹底的な“フリ”


ざっくり説明してしまうと、主人公が仕事をサボって銭湯に行き、酒を飲むこれだけの内容のドラマだ。おそらくは二話目以降もほとんど同じような内容だろう。果たしてそれだけで本当に面白いのか?それがビックリするほど面白い。

そもそも“好きな物を好きなように食べるだけ”の「孤独のグルメ」が大ヒットしたわけだから、「昼のセント酒」もこれで問題ないのかもしれない。では、「孤独のグルメ」との違いはなんなのだろうか?それは、 “仕事をサボる”“昼間”“銭湯” が作り出す徹底的なお酒の為のフリ にある。

「孤独のグルメ」の場合、前段階のドラマとメインである食事シーンの関連性はあまりない。主人公・井之頭五郎が、食事に没頭する様を見せ付けてくるだけだ。しかし、「昼のセント酒」の場合、前段階のドラマである銭湯シーンが重要になってくる。

 広告代理店で働く内海孝之(戸次重幸)は、同僚の大西大輔(柄本時生)が成果を上げる中、営業成績は断トツの最下位だ。女上司の堂園翔子(八木亜希子)に煽られ、京成小岩へと飛び込み営業に行くが、思うように契約を取る事が出来ない。落ち込んでいる内海の眼の前には、大きな煙突と鶴の湯の文字が……

「絶対にやってはいけない」、人はこの言葉に弱い。ダイエット中のスナック菓子、お金がないのにパチンコ、禁煙中のタバコ、人それぞれだが何かしら身に覚えがあるだろう。主人公・内海の場合、それが銭湯だった。しかも、仕事中に。しかも、結果が出ていないのに。この背徳感が銭湯での入浴、そしてビールの最高のつまみになる。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「孤独のグルメ」に関する記事

「孤独のグルメ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「孤独のグルメ」の記事

次に読みたい「孤独のグルメ」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク