NHK 大河ドラマ「真田丸」(作:作三谷幸喜/毎週日曜 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時)
4月10日放送 第14回「大坂」 演出:木村隆文
「真田丸」14話。堺雅人、小日向文世、因縁の「似た顔」合わせ
イラスト/エリザワ

いよいよ大坂


1月からはじまった「真田丸」。怒濤の勢いで4分の1が過ぎて、いよいよ舞台は大坂へ。

清須(三谷幸喜の映画だと「須」)会議(天正/10年1582年)
→「賤ヶ岳の戦い」(天正11年/1583年)
→「小牧・長久手の戦い」(天正12年/1584年)を経て、
大坂城を完成させ(天正13年/1585年)、実質、天下をとった豊臣秀吉(小日向文世)と、
真田源次郎信繁(堺雅人)が対面する。

堺と小日向の、いつもまぶしそうな目といつも笑っているような口元を中心に、全体的に顔立ちが似ているという意見は以前から多く出ていた。ふたりが共演するのは今回がはじめてのことではないし、三谷の初大河ドラマ「新選組!」にもどちらも出演している。中でも今回、ふたりを横並びでなく、顔を縦に並べた画面には遊び心が感じられ、心踊った。

やっぱり似ている。

似ているふたりが運命の対面を果たす前、源次郎は茶々(後の淀の方/竹内結子)と出会い「わりと好きな顔」と言われるのも、狙っているとしか思えない。
後に秀吉が亡くなると、淀は遺児・秀頼を立てて、豊臣復興のため徳川と戦う。その時、源次郎信繁の力を借りることになるが、そのわけが秀吉の顔に似ているため親近感や信頼感をもったということだったら、大阪の陣がより楽しめそう。淀が、好みの顔のせいで信繁に強く思い入れるなんてエピソードがあったりして。