bit

パリに進出した一風堂、現地で直面した数々の難題とは?

今年パリにとんこつラーメンで有名な一風堂が店を出した。欧州内への出店はロンドンに続き2店舗目だ。ロンドンほどではないにせよ、近年パリも日本から新たなラーメン屋の進出が相次いでいる。いくらラーメンが現地の人に受け入れられつつあるといっても、日本で店舗を営むのとは環境的にガラリと変わる。そこにはどのような日仏の差があるのか? 一風堂パリの責任者である力の源Global Holdingsフランス事業部長・山根智之さんにお話を聞いた。

パリに進出した一風堂、現地で直面した数々の難題とは?
一風堂 サンジェルマン店


すべてが日本のようには進まない


――パリでラーメン屋を開店するにあたって何が大変でしたか? 
大変なことは山ほどありました。まず物件探しで苦労しました。日本国内の場合、専門の不動産エージェントに希望を伝えれば、いくつかイメージした物件がすぐにピックアップされてきます。ところがパリではそうはいきません。条件に合うような物件がなかなかありません。そもそも街全体が世界遺産のようなものですし、築100年を余裕で超えるような古い建物ばかりです。新しい建物ができないため、煙突、厨房の広さ、排水配管、ガスや電気の容量など、出したい店舗条件に合う物件を探すのが大変でした。決定までには100件以上の物件を見て1年弱の時間がかかりました。

――物件探し以外にも日本にはない部分で戸惑いはありましたか? 
賃貸契約でしょうか。日本の場合だと、基本的に契約はテナントと家主の間で結ばれます。しかしフランスは、その建物に部屋を持っている他の家主や、住民との合意も必要です。彼らが首を縦に振らなければ店を出せません。その調整に時間を要しました。また景観保護の観点から、店舗正面につける明かり1つ変えるのにもパリ市当局に申請が必要ですし、何をするにせよ、とにかく手続きに時間を取られます。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク