ニュースやワイドショーで頻繁に取り上げられる、ストーカーに関する事件。中には殺人につながってしまうケースさえあり、痛ましい犯行の報を聞くたびに「警察は何をしていたんだ?」「周囲の人たちは被害者のSOSに気付けなかったのか?」という問題意識の堂々巡りがなされます。

そもそも、90年代前半「ストーカー」なる言葉は存在しませんでした。屈折した恋愛感情の暴発による同様の手口は散見されたものの、それを指し示す適当な用語はなかったのです。

同時期に放送された2本のストーカードラマ


そんなストーカーの存在が認識され始めてきたのは、今から20年前のこと。まだSNSもなければ、携帯電話も普及していない、現在よりもずっとアナログなコミュニケーションを主体としていた時代です。この時期に、ある2つのドラマが同じクールに放送されて話題を呼びます。それが『ストーカー・誘う女』と『ストーカー 逃げきれぬ愛』です。放送されたのはどちらも1997年の1月。この2本のドラマは、まだ世間で認知されていない“ストーカー像”を広く知らしめた作品。順を追ってそれぞれ紹介していきます。

雛形あきこの狂気じみた演技が冴える!『ストーカー・誘う女』


まず、『ストーカー・誘う女』。こちらは陣内孝則と雛形あきこが主演を務めたTBS系列のドラマです。陣内が大手商社の課長で二児の子をもつマイホームパパの役、雛形がその陣内に、病的なまでの好意を寄せる同じ会社のOL役でした。