「OK、ヤローども、最後の出航だーー!」

遂にこの日が来てしまった……。
5月1日のライブをもって充電期間に入るKAT-TUNのラストライブ当日。
上田竜也、中丸雄一、亀梨和也の3人に会えるのに、10周年を祝福したいのに複雑な気持ち。油断すれば涙が出る……。こんな状態で会場に向かったのは初めてだ。

4月3日のナゴヤドームを皮切りにスタートした「KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR“10Ks”」。20日の京セラドーム大阪、ラストを飾る東京ドームは、追加公演の29日から5月1日の3日間に渡って行われた。

KAT-TUNとハイフンの熱気がすごい最終日


亀梨が脱退メンバーに感謝「KAT-TUN」充電前のラストコンサートレポ
グッズには10年分のツアーロゴが散りばめられている。メンバーの声で起こしてくれるアラームクロックは、会場で公開録音したセリフが入る。最終日分は亀梨のキスの音が入る予定。

として販売された銃のペンライト。KAT-TUNらしい。

東京公演一日目。「アンコールに賛同を!!」と書かれたチラシがファンから配られた。「『パン!パン!KAT-TUN, パン!パン!KAT-TUN』で統一して叫びましょう!」と、コールの仕方やハイフン(KAT-TUNファンの呼び名)も一つになろうという旨が書かれていた。光沢の用紙にメンバーカラーをグラデーションしたカラー印刷。どれだけの枚数を用意したのだろうか。

最終日、開演前のKAT-TUNコールは本当にすごかった。特に5分前からは声が大きくなり、約5万5千人が集まる会場でかなりの人たちが手を叩いていた。

暗転すると、悲鳴のようなものすごい叫び声。銃の形をしたペンライトの灯りで、真っ赤に染まった東京ドームのメインステージに3人が登場。

この記事の画像

「亀梨が脱退メンバーに感謝「KAT-TUN」充電前のラストコンサートレポ」の画像1 「亀梨が脱退メンバーに感謝「KAT-TUN」充電前のラストコンサートレポ」の画像2