アンダーグラウンド・エクストリーム・ミュージックの祭典「OBSCENE EXTREME ASIA 2015」に行ってきた。
バナナの着ぐるみ大暴れ「OBSCENE EXTREME ASIA 2015」

母体となる「Obscene Extreme Festival」は1999年にチェコで誕生。そのワールドツアー版がこのフェスだ。
開催は、2015年11/20(金)~23(月)。会場は、20・23が「浅草 Kurawood」、21・22が「吉祥寺Club SEATA」だった。全日程に通うことは叶わず、20・22の2日間のみの参加となった。

この週末は、他にもオジー・オズボーン主催の「OZZFEST JAPAN 2015」(11/21/22)、スラッジ/ドゥームバンドの大御所Melvinsが出演する「Hostess Club Weekender」(11/22)があり、ラウドミュージック・ファンは大いに悩んだことだろう。

私はといえば、Melvinsだけはものすごーーーく見たくて迷ったが、同イベントに他に見たいアーティストがいなかったため諦めたのだった。

何でもアリのお祭り騒ぎ


「Obscene Extreme Festival」は、ライブ・イベントではあるが、基本「お祭り」だ。しかも、限りなく自由な。

「ここから先は入っちゃいけません」という仕切りもナシ。バンドの演奏中にステージに登ってもOK、ステージダイブももちろんOKだ。なんならコスプレしたって構わない。ヴィーガンフード(菜食料理)のお店を入れていたのも、そうした主義・思想の自由を表明してのことだろう。

この記事の画像

「バナナの着ぐるみ大暴れ「OBSCENE EXTREME ASIA 2015」」の画像1 「バナナの着ぐるみ大暴れ「OBSCENE EXTREME ASIA 2015」」の画像2 「バナナの着ぐるみ大暴れ「OBSCENE EXTREME ASIA 2015」」の画像3