bit

100年前の育児書を読んでみた! 「イヤイヤ泣き」を止める戦前のワザ

100年前の育児書を読んでみた! 「イヤイヤ泣き」を止める戦前のワザ

親泣かせのイヤイヤ・・・・・・


子育てをしたことのある人にはわかるだろう。親も子も悪戦苦闘する「イヤイヤ期」。昔から子供のイヤイヤ期はあったはずだ。昔の親はどう対処していたのだろう?

そこで約100年前の育児書を読んでみた。『親のため子のため』(岸邊福男・著)。大正6年(1917年)発行の育児書である。

威(おど)し泣き


イヤイヤ泣きは、「威(おど)し泣き」と呼んだらしい。どのように泣くかというと……。

"大きな声を張り上げてヤンヤンと泣き出し、なおその上にひっくり返ってじだんだを踏み鳴らして荒れまわるのであります。"(64ページ)

おお、まさに私たちのよく知るイヤイヤではないか。そして、例えばおもちゃをねだって泣いている時にたいていの母親が取る行動が下記のようだ。

"『今日だけは買ってあげます。明日からは、そんなヤンチャを言うとお父さまに言い告げますよ』と条件付きで子供のねだりを認可します。その実は子供に征服されたのであります。"(65ページ)

なんだか身に覚えのある話である。

100年前の育児書を読んでみた! 「イヤイヤ泣き」を止める戦前のワザ


威し泣きの止め方は?


最も知りたかった、イヤイヤ泣きの止め方はこれだ。

"子供の両手を堅く握って、ギッとその顔を睨んだまま一言も口をきかないのであります。"(66ページ)

え、それだけ? それだけだとまだまだ暴れない?

"すると、子どもは更に頑強に抵抗し始めて、蹴るやら、唾を吐きかけるやら、甚だしい時は噛み付く子もあります。"(同)

あわせて読みたい

  • なぜ戦前の横文字は右から左に書くのか?

    なぜ戦前の横文字は右から左に書くのか?

  • 産後の退院 英国が早い理由は

    産後の退院 英国が早い理由は

  • オタク活動と育児の両立は可能か

    オタク活動と育児の両立は可能か

  • コネタの記事をもっと見る 2016年6月5日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース