bit

ビタミンがIとJを飛ばしていきなりKなワケ

ビタミンがIとJを飛ばしていきなりKなワケ
画像はイメージ
ビタミンは美容や健康にかかせない物質。毎日の食生活で、ビタミンの摂取を心がけている人も多いのではないだろうか。
ビタミンはバランスよく摂取することが大切だ。ここで、多数あるビタミンの種類を振り返ってみよう。
ビタミンA、B、C、D、E、F、G、H……K!?
ん!? アルファベット順に美しく羅列されているのかと思いきや、ビタミンIとJをとばして、いきなりKになってる!?
これはA型の筆者、気持ち悪くてたまらない……。そこで今回は、ビタミンの歴史を辿ってみることにした。


ビタミンを最初にみつけたのは日本人


ビタミンとは、体の代謝に重要な働きをする物質で、体内で生合成できない化合物のことをいう。
1910年に農芸化学者である鈴木梅太郎博士が初めてのビタミンであるオリザニンを発見した。ただ、論文が日本語だったためにあまり認知されず、1911年にポーランドのフンク博士が同じ成分を発見。バイタル+アミンからビタミンと名付けて、世界的に広まることになる(このとき見つかったのは、のちのビタミンB1であった)。
その後、1913年にアメリカでバターや卵黄から成長因子がみつかる。この内、脂溶性のものをA、水溶性をBとし、ビタミンA、Bが誕生する。
1919年にイギリスでビタミンCが発見され、1922年にアメリカでビタミンD、1924年にビタミンEがみつかった。
ここから、ビタミンは発見された順でアルファベットが付けられ、整理されるようになったわけである。

あわせて読みたい

  • ビタミンD、日光に当たらなくても大丈夫なの?

    ビタミンD、日光に当たらなくても大丈夫なの?

  • コネタの記事をもっと見る 2016年7月17日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース