review

DDT・高木三四郎「WWEは路上プロレスを絶対にやらない。だから、DDTではやる」

前回より続いている、プロレス団体「DDT」大社長・高木三四郎選手インタビュー。「ビンス・マクマホンvsストーン・コールド」のビデオを観てエンタメ路線へ舵を切ったと明かしてくれた高木大社長だが、実はWWE以外にも彼の方向性に影響を与えた先輩レスラーはいるらしい。
90年代のプロレスファンにとって、色々な意味で思い入れの深い選手の名前が出てくる。

「鶴見五郎さんから教わった技術は全部忘れてしまった」


DDT・高木三四郎「WWEは路上プロレスを絶対にやらない。だから、DDTではやる」

――高木さんはレスラー人生初期にPWCに所属されていた時期があり、その時は鶴見五郎さんと高野拳磁さんがトップにいらっしゃったと思うんですが、この2人から教わって現在のDDTの方向性に影響しているものってありますか?
高木 鶴見さんは、当時は怪奇派路線でマミーとかブラックマミーとか宇宙魔神とかばかりやってたんですけど、意外に格闘志向なんですよ(笑)。
――へぇ~。
高木 ムチャクチャ格闘志向なんですよ。本当に、ビックリするくらい。あの人は、日本人で初めてオープンフィンガーグローブを着けたプロレスラーの一人ですし。
――SWSの旗揚げ戦(ジョージ高野戦)で。
高木 そうです。で、実は何気に格闘技とかのビデオのストックが凄いんですよ。それこそ、サンボとかレスリングのビデオとか。
――そうなんですか! それは、国際プロレス出身というのもあるんですかね?
高木 たぶん、あると思います。だから、一通りの技術を全部知ってるんですよ。で、あの人って全部メモするんですよね。とにかく、あの人は凄いんですよ。で、ご存知だと思いますけどランカシャー・スタイルも知っている。ビリー・ライレーさんがSWSに招聘されて、鶴見さん自身もイギリス行ってランカシャー・スタイルを覚えてきたんで。ビリー・ライレーからのテクニックを僕も全部教えてもらったんですけど。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク