90s

コント「やすしくん」が引き起こしたダウンタウンへの猛烈バッシング

コント「やすしくん」が引き起こしたダウンタウンへの猛烈バッシング
人気者にバッシングは付き物。そして、とかく些細なことがきっかけとなりがちである。
今やお笑い界の重鎮となったダウンタウンにも、そんなバッシングが続いたときがあった。そして、ある大物芸人のパロディコントがその騒動にトドメを刺してしまったのである。

ビートたけしの事故もバッシングの遠因か!?


人気絶頂だったダウンタウンに対するバッシングが始まったのは94年秋頃のこと。当時は、松本が1万円ライブ『寸止め海峡』を開催。異例の高額にも関わらず、チケットは10分で完売となるほどで、その人気は天井知らず。
このライブの1週間後には、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の企画で、ダウンタウン2人で24時間ぶっ通しのトークにもチャレンジ。さらに松本の著書『遺書』が200万部を超える大ベストセラーになるなど、お笑いのトップを爆進していた時期に当たる。

この夏にはビートたけしがバイクの自損事故(記事はこちら)により、復帰を危ぶまれるほどの重症を負ってしまっていた。それもあって、マスコミは“ポストたけし”の筆頭として、こぞってダウンタウンを取り上げた。
社会現象にまでなった人気者の宿命か、人気に比例する形でバッシングの勢いも大きくなっていったのである。

プライベートの暴露から始まったダウンタウンへのバッシング


まずは、松本の奔放な私生活がターゲットとされた。
「毛ジラミをうつされた」という女性の告白記事が週刊誌をにぎわし、デート現場のスクープ写真も掲載。スキャンダルが連日報道されていく。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月3日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。