90s

看板番組を松本人志が命名! 大ブレイクしたPUFFYを振り返る

看板番組を松本人志が命名! 大ブレイクしたPUFFYを振り返る
今から10年以上前、奥田民生が東京スカパラダイスオーケストラに招かれるカタチで『美しく燃える森』というシングルをリリースしました。この曲、カラオケで歌ってみると分かるのですが、他の民生がつくった曲『イージュー☆ライダー』『さすらい』などと比べると、かなりキーが高いのです。もしかして本当は高い声が出るのに、自分の曲の時は楽しようとしているのでは…?
もちろん、真摯に音楽と向き合っているとは思うのですが、彼のどことなく気が抜けたような佇まい・とぼけたルックスから、そんなようなことを邪推してしまいます。

とにかく、奥田民生のつくる音楽には、どこか気楽な雰囲気が漂います。そのノリを女性ボーカルにやらせたのが、PUFFYです。

PUFFYは大貫亜美と吉村由美からなる女性ボーカルデュオ。1995年にユニットを結成し、同じ事務所ということから、プロデューサーに民生が抜擢されます。普段の飄々とした姿からは想像もつきませんが、彼女たちに相当な熱血指導を施していたらしく、そんな彼にPUFFYの2人も全幅の信頼を寄せていたようです。

井上陽水作詞のナンセンスな歌詞が話題となった『アジアの純真』


96年5月には『アジアの純真』で念願のCDデビュー。思えば、この歌によってPUFFYのイメージは完全に世間へ浸透しました。
まず注目を集めたのが歌詞。井上陽水によって書かれたそれは、何度読み返してみても、実に無意味でナンセンスです。「白のパンダを どれでも 全部 並べて~」などと歌われたかと思えば、「北京 ベルリン ダブリン リベリア…」と、もはやアジアに関係ない国まで登場する始末。しかし、そこは百戦錬磨の陽水節。リズム感や韻を重視しているために、民生が手掛けた曲と合わさると、聴き心地抜群。雰囲気だけでなんとなく“アジアっぽさ”をかもし出している当たりが、匠の業です。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月12日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。