bit

『真田丸』ファン必見! 「関ヶ原の戦い」後に一族を支えた「真田紐」って?

       
真田一族ゆかりの紐と伝えられる、「真田紐」をご存知だろうか? 大河ドラマでもいよいよ天下分け目の「関ヶ原の戦い」が近付きつつあるが、歴史上、この戦に敗れた父・真田昌幸と信繁(幸村)は和歌山の九度山に蟄居(ちっきょ:謹慎の意味)を命じられたとされている。

ここで一族の生計を支え、さらに行商人などを通じて諸国の情勢を探る役目も果たしていたのが「真田紐」なのだとか……(商人に扮した忍びの者が、スパイのような役割を果たしていたのでは? とも推測されている)。

真田紐は当時、葛籠(つづら)や桐箱に巻いて結ぶなどの実用のほか、戦のときは刀の下げ緒、鎧や兜などの装着にも使われた。戦場で屍となったときにも、身に着けた真田紐でどこの家の者かを判別することができたという。

と、そんなわけで今回は戦国時代から京都で「真田紐」をつくり続けている「真田紐師 江南」15代目の和田伊三男さんに真田紐にまつわる様々な伝説をうかがってみた。


現代でも使われている真田紐


『真田丸』ファン必見! 「関ヶ原の戦い」後に一族を支えた「真田紐」って?

伝統的な京町家に、「真田紐」の文字を発見! 中に入ると、和田さんがにこやかに出迎えてくれた。放映中の『真田丸』のほか、今月公開の映画『真田十勇士』でも真田紐の時代考証を担当されているそうだ。
放映後はドラマファンのお客様はもちろん、真田ゆかりの忍者の末裔の方が訪ねて来られるなど、さまざまな交流が生まれているのだとか……!

『真田丸』ファン必見! 「関ヶ原の戦い」後に一族を支えた「真田紐」って?

店内には、真田紐がずらり。日本の伝統色がしみじみと美しい。現代の暮らしに馴染むモダンさもあり、まさに「用の美」といった趣き。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年9月11日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。