review

タモリも唸った京都街歩きの達人、京都を東京に置き換える不動産プランナー、京都本が凄いことになっている

秋になると書店にはずらりと京都の本が並ぶ。紅葉といえば京都とばかりに名所満載のガイド本や特集雑誌が平積みだ。
秋に限らず、春と言えば京都、夏と言えば京都、冬も京都と年がら年中、京都へ誘う本が発売され、どれを選んでいいのか正直わからない。
かなり飽和状態の京都本のなかで群を抜いて人気なのは「京都ぎらい」(井上章一朝日新書)だ。人気があるけど実際向き合うと面倒くさい京都についてずばり書き、発売して1年経ってもベストセラーを保っている。
革新的な本に追いつけ追い越せとばかり、京都本に新たな動きが起っている。
ここでは気になる2冊と著者を紹介したい。
タモリも唸った京都街歩きの達人、京都を東京に置き換える不動産プランナー、京都本が凄いことになっている
『もし京都が東京だったらマップ』岸本千佳/イースト新書Q
四条大宮と赤坂、祇園と浅草、吉田と本郷など、京都と東京の街の姿の共通点をある曜日のある時間帯をサンプルにして解説している。
「街歩きの達人」三浦展氏との対談も掲載されている。

岸本千佳「もし京都が東京だったらマップ」


9月10日に発売されたばかりの「もし京都が東京だったらマップ」。京都と東京の街を20ケ所ほど比較して、京都の街を東京の街に置き換えたマップを、2015年の暮れにネットで発信したら話題に。
例えば、御所は東京だと皇居、京大のある吉田は東大のある本郷というのはわかりやすい比較。そのほか京都駅は品川で、祇園は神楽坂、二条城近辺は清澄白河など独自の視点が光るマップのPV は20万を超え、テレビ(NEWS ZERO)でも紹介され、あっという間に書籍化が決まった。

著者の岸本千佳さんは京都出身で現在も京都を拠点に活動している不動産プランナー。東京でも不動産関係の仕事をしていた経験もマップに生かされている。

岸本「京都の人以外は、京都を全部お寺や神社の多い、東京で言ったら神楽坂のように思っている方が多いんじゃないかと思うんです。でも実は京都も多様で、神社仏閣の多い地域もあれば、カフェや現代的な文化が発達ししている地域もあります。そんな京都の多様性を可視化しようと地図を作ってみました。それが思いがけず拡散して、賛否両論、たくさんの反響をもらったんです。主に京都以外の方は楽しんでくださったのですが、昔から京都に住んでいる方からが、こんなではないと言われたことも(笑)。地図だけでは、説明不足で誤解を招くことも否めなかったので、本にすることによって、私がなぜこのように位置づけたか明らかにしたいと思いました。実際、書き上げてみて、これまでの私の不動産業活動の集大成になった気がしています」
...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2016年9月23日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース