review

語り切れなかったり語り過ぎてたり。書評家・杉江松恋が第159回芥川賞をズバリ予想する

語り切れなかったり語り過ぎてたり。書評家・杉江松恋が第159回芥川賞をズバリ予想する
第159回芥川賞の受賞作を以下の通り予想する。
芥川賞:高橋弘希『送り火』(「文学界」5月号)
候補作について、それぞれ内容を紹介しておきたい。取り上げた順番は筆者の好みである。

直木賞編はこちら


youtubeもしくはニコ動小説とおフランスざます小説


芥川賞候補5作品のうち、個人的なお気に入りは町屋良平『しき』(「文藝」夏号)だった。ごく単純に言うと「踊ってみた」小説である。高校生の〈かれ〉はネットで「【えふとん】テトロドトキサイザ2号踊ってみた【とらさん】」という男性二人組のダンス動画を見て、それを自分でも完全コピーしてみたいと考える。夜な夜な公園に出かけて練習しているうち、いつも学校でつるんでいる級友の一人も巻き込んで完成を目指すことになる。

と、要約してしまえばこれだけの話なのだが、本作の魅力は視点の位置にある。〈かれ〉やその他の登場人物が同席しているとき、彼らの内面がカーソルを当てられたようにポップアウトし、それぞれの考えが読者に告げられる。男子ABCと女子abcがいれば、それぞれの思い人と思われ人が食い違っているのが丸わかりだ。そんなことになるのは、思春期の内面が不完全だからである。当人が思っているよりも自分の心はあることにこだわっていたり、落ち込んでいたりする。制御しきれない心だから、本人の意思とは別物としてポップアウトした形で叙述されるのだ。題材が「踊ってみた」なのも「ダンスはうまく踊れない」ものだからだろう。思ったとおりに手足は動かない。心も同じことなのだ。不完全な十代の主人公たちが、自分を持て余しながらも他人の言葉には耳を傾け(主人公と弟の関係がいい)、自分は傷ついても友人のことは思いながら生きていく。そういう好感の持てる青春小説だった。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2018年7月18日のレビュー記事
「語り切れなかったり語り過ぎてたり。書評家・杉江松恋が第159回芥川賞をズバリ予想する」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    松尾スズキはもう新進作家ではないような気がするのだが。

    0
  • 匿名さん 通報

    平和なデモの参加者を日本刀で斬り殺す計画を立てていて、実際に防衛(庁)でテロをやったテロリスト三島の「三島賞」がまだあるのか。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュース

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「直木賞」のニュース

次に読みたい関連記事「直木賞」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース