90s

90年代伝説のエロ番組「A女E女」とは?

90年代伝説のエロ番組「A女E女」とは?
フジテレビ系列で放送された『A女E女』
90年代には今では信じられないお色気番組が地上波で放送されていた。飯島愛、細川ふみえらが出演していた『ギルガメッシュないと』(テレビ東京系)や、性風俗店やAVの撮影現場への潜入レポートを放送していた『トゥナイト2』(テレビ朝日系)などはよく知られているだろう。

そうした一連のエロ番組の中で伝説となっているものが『A女E女』(フジテレビ系)である。放送期間は1997年10月から、翌98年3月のわずか半年間ながら知名度は高い。この番組が画期的だったのは“催眠”を用いた点である。

伝説のエロ番組「A女E女」


番組では催眠術をかけて女性たちが、エロくなってよがる様子をそのまま放送していた。内容は太鼓や木魚の音を聞くとエロくなるといった、徹底してくだらないもの。悶える女性と、木魚のポクポクという音の対比がきわだっていた。
番組のキモとなる催眠術師として登場したのは、のちに作家として活躍する松岡圭祐。松岡はこの時期、期間限定でタレント活動を行っており、自ら率先し“ノリノリ”で催眠をかけていた。松岡は「催眠術のばからしさを浮き彫りにするため」あえて道化を演じた旨をインタビューで語っている。

司会を務めたのは、生真面目なキャラクターとして知られるフジテレビの牧原俊幸アナウンサーだ。放送が進むにつれ「奥さんが実家へ帰ってしまった」といったまことしやかなエピソードも紹介されていた。さらに若手芸人4組による「まったく無名ズ」も番組を盛り上げた。

わずか3ヶ月で終わった"エロ"


しかしこの番組は放送を重ねるごとに“低俗番組”として社会問題化し、3ヶ月後にはリニューアルを余儀なくされる。開き直るように視聴者から新企画を募集する遊び心も見られたのだが、1月からは若手芸人のスキーツアーの様子を放送するなど、無難な番組へと変化してしまう。

つまり、『A女E女』が実際に“エロかった”のはわずか3ヶ月ほどに満たなかった。それでも90年代に青春期を過ごした若者の記憶に強く焼き付いているのは確かだろう。
(下地直輝)

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年9月24日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。