review

人形劇を隠れ蓑に元薬物中毒者らに下世話なことを聞きまくる。Eテレ「ねほりんぱほりん」過激な記者会見

NHKはパブリックイメージに反し、かなりアナーキーな制作スタッフが揃っていると聞いたことがある。たしかに、今年の『24時間テレビ』の裏で放送された『バリバラ』が掲げた「感動ポルノ」なる言葉はセンセーショナルな話題を呼んだ。

そして、10月5日(夜11:00~11:30)よりEテレでレギュラー放送がスタートするトーク番組『ねほりんぱほりん』も、かなりアナーキー。この番組の記者発表会が9月28日に開催されたが、遠慮なしだった。

NHKが誇る人形劇の技術が“新しいモザイク”の役割を果たす


「人形劇×赤裸々トークショー」なるコンセプトを掲げる同番組の聞き手を務めるは、もぐらのぬいぐるみ「ねほりん」と「ぱほりん」。
人形劇を隠れ蓑に元薬物中毒者らに下世話なことを聞きまくる。Eテレ「ねほりんぱほりん」過激な記者会見

しかして、ねほりんの“中の人”は山里亮太で、ぱほりんの“中の人”はYOUが務めている。
人形劇を隠れ蓑に元薬物中毒者らに下世話なことを聞きまくる。Eテレ「ねほりんぱほりん」過激な記者会見

一方、ゲストに訪れるのは“訳あり”な人たちばかり。SNSで超リア充な生活を偽る「偽装キラキラ女子」だったり、“洗濯から政策まで”先生に尽くし続ける「元国会議員秘書」だったり、中学生のとき“アメリカのたばこ”だと言われてマリファナを吸ったことから陥った「元薬物中毒者」だったり……。そして、そんな訳ありさんたちもブタのぬいぐるみとして出演するという。これは、何を意図してる?
「“人の顔色を窺わないでなんでも喋れる空間”ですよね。『顔色』と行っても私はこの色しかないので、変わるような顔色持ってませんので。で、向こうも豚さんなので『怒ってる』とか『これ聞いたら失礼かな?』とかそんなブレーキを全く利かずに行けます」(山里亮太)...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2016年9月29日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース