bit

信州・小布施の究極の栗菓子「朱雀」を行列して食べてきた

「並んでも食べたい」「死ぬまでに一度は食べたい」などと言われる栗菓子がある。

栗のまちとして全国的に知られる信州・小布施の「小布施堂」が期間限定で提供する栗の点心「朱雀」である。

信州・小布施の究極の栗菓子「朱雀」を行列して食べてきた
これが小布施の「小布施堂」期間限定点心の「朱雀」。


朱雀を求めて大行列


「早朝から大行列ができる」「地元の人もあまり食べたことがない」「従業員すらなかなか口にできない」などと言われる理由は、とれたての新栗を使い、1年で約1カ月間、1日400個しか作られないものだから。

というのも、この朱雀、新栗が畑から届く1カ月間、「栗餡」の仕込みが繰り返されるなかで、砂糖を加える直前の裏ごししたほかほかの栗を食べた職人が、その味に感激して生まれたものという。

信州・小布施の究極の栗菓子「朱雀」を行列して食べてきた
小布施堂本店。


自分は小布施の隣の須坂市出身なのだが、これまで噂に聞いていただけで、食べたことがない。身の回りにも食べた人がいない。
そこで、今年は9月15日から10月中旬に登場すると聞き、実際に食べに行ってみた。

9月下旬の平日の小雨降る朝。整理券が販売されるのは朝8時半からで、「平日で雨だからチャンスかも」と思い、朝8時過ぎに行ってみると、まさかの大行列である。

信州・小布施の究極の栗菓子「朱雀」を行列して食べてきた
雨の平日朝でもすごい行列。


二種の朱雀をハシゴして食べる人も


この日、いちばんに並んだグループは、なんと深夜2時半からだそう。「雨だから狙い目だと思ったのに、いつも通りだね」などと落胆する声があちこちから聞こえてくる。駐車場はすでに満車で、多摩ナンバーや八王子ナンバー、川崎ナンバーなど、首都圏のモノが目立つ。周りに聞いてみると、やはり東京や埼玉からなど、県外者が圧倒的に多く、なかには京都からと言う人もいた。

あわせて読みたい

  • 京の隠れた名品「しば漬大福」とは?

    京の隠れた名品「しば漬大福」とは?

  • コネタの記事をもっと見る 2016年10月5日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら