review

殺人、薬物、銀行強盗の囚人たちの生き甲斐が読書会だった。カナダ刑務所事情

『プリズン・ブック・クラブ』は、カナダの刑務所で実際に行われている「読書会」のことについて書かれた本だ。
殺人、薬物、銀行強盗の囚人たちの生き甲斐が読書会だった。カナダ刑務所事情
『プリズン・ブック・クラブ』アン・ウォームズリー著、向井和美訳/紀伊国屋書店

殺人、銀行強盗、薬物の売買、さまざまな罪で服役している囚人たちが、読んだ本についてみんなで話し合う。司会や運営をおこなうボランティアとして参加した著者が、その経験を詳細に書いたノンフィクション。素晴らしい本だった。

そして、あまり他の本では感じないことが多く、珍しい読書体験ができた。出会って損はさせない本だ。それでこの文章も、書くのにずいぶんかかってしまった。まずは概要から、簡単に説明しよう。

どこかの大学の何かの研究で、「文学作品を味わうことは、共感する力や社会性が高まる助けになる」というような結果があるようだ。本書はそのことについて触れ、刑務所で読書会をやることの意義について書いている。登場人物の視点に没頭したり、舞台を想像したり、今とは違う時代のことを考えたりして名著・傑作を読む機会が多くなれば、そういうこともあるのだろう。

熱心に刑務所での読書会を運営し、寄付を集めたり選書をおこなっている友達にさそわれて、著者は2011年、読書会ボランティアを始める。読書会は月に1度で、それまでに各自は決められた本を読んでおく。ボランティアは全員が平等に発言し、互いがケンカにならないように、そして会の質が高くなるように進行させる。刑務所は、外部から本が入るときに何かがページの間に隠されないか、ボランティアと囚人の間で余計なやりとりや事件が発生しないかなど、全方面の注意をする。

あわせて読みたい

  • 『反省させると犯罪者になります』を読んで愕然

    『反省させると犯罪者になります』を読んで愕然

  • 永六輔が刑務所で受刑者に話したこと

    永六輔が刑務所で受刑者に話したこと

  • 有名翻訳家が選ぶ本当に面白い翻訳小説

    有名翻訳家が選ぶ本当に面白い翻訳小説

  • やる気を出したいときに読む本で対決。ブックレビューバトルが面白い

    やる気を出したいときに読む本で対決。ブックレビューバトルが面白い

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2016年10月27日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース