26歳年下の秘書との結婚を報告した元女優で参議院議員の三原じゅん子。10月31日の情報番組『バイキング』(フジテレビ系)でもこの話題を取り上げ、各出演者がトークを繰り広げていたが、その際の元宮崎県知事・東国原英夫の発言が大きな批判をよんでいる。

東国原英夫の問題発言


「炎上覚悟、批判覚悟で言わせていただきます」と語り出した東国原は、「少子化の環境を整えようと思っているのであれば、この28歳の適齢期の男性に、適齢期の女性を結婚相手として紹介して、『家庭を持ってくださいね』というのをいざなうとか、推薦することが国会議員としての役割じゃないか」「自分の愛だとか、欲望だとか、恋愛観だとか、幸せ観だとかそういったものを犠牲にして国民国家のために奉仕するのが国会議員のあり方」と国会議員である三原に対して批判を繰り広げた。

この発言は番組内でも大きな波紋をよび、タレント・エッセイストの小島慶子も「子どもを産むことのできない女性は、子供を残すことのできる男性と結婚するなって聞こえますよ」と痛烈に反論。タレントのフィフィも「国家のために結婚する訳じゃないし、国家のために子供産みなさいという言い方も今の時代古臭い」と批判した。さらに、コメンテーターの高木美保も、少子化は「制度と仕組みの問題だ」と訴えるも、東国原は「それプラス、マッチング、出会いの部分ですね」と譲らなかった。

世間からも怒りの声が


このやり取りに、視聴者も怒りを覚えたようで「国会議員だからとか関係ないよね」「女性の結婚は子供をつくるためなの?」とネットでは女性たちから批判が殺到。「病気で子供ができない私はどうしろっていうんですか」と悲痛な声もあがっている。

「子どもを産むこと」に対する男性の無神経な発言はこれまでも度々問題となっており、2007年には当時の厚生労働大臣・柳沢伯夫が女性を「産む機械」と例えて大問題に。2014年にも衆議院議員の大西英男が人口減少問題に関する質問中の上西小百合議員に対し「まず自分が産まないとダメだぞ」と発言した。

今回の東国原や、これまでの議員たちの発言に対し、若い世代からは「女性は子どもを産むべきっていう価値観がいまだに残ってるのが驚き」という声が多くあがっている。