「俺はもう闇を恐れない。ナオミがくれた勇気で、闇を抱きしめてみせる!」
「己を信じるとき、それが力になる。これが本当の俺だ!」


『ウルトラマンオーブ』先週放送の第17話「復活の聖剣」は、長い鬱展開の先に待っていた熱い復活回だった! 
「ウルトラマンオーブ」17話。抱えた闇を克服する方法
「ウルトラマンオーブ」Blu-ray BOX 2
バンダイビジュアル

今まで張り巡らされていた伏線も見事に回収されて、ついにウルトラマンオーブの本来の姿、オーブオリジンが登場! 最強の武器、オーブカリバーで合体魔王獣ゼッパンドンをやっつけて、見事な大団円! よかったよかった。

さて、ここではこの傑作エピソードを大きく2つに分けて考えてみたい。
一つはガイ(オーブ)とナオミの関係。
一つはガイが抱えていた“光と闇”と“正義と悪”の問題について。


ガイとナオミの関係について


ガイ(石黒英雄)は悲劇的な過去を背負い続け、強い自責の念に駆られていた男だった。街から街へと渡り歩き、誰とも深い交流を持たない“風来坊ヒーロー”の影の部分である。

100年前はマガゼットンとの戦いで愛するナターシャ(ブラダ)を傷つけ、現在もナオミ(松浦雅)を何度も危機に追いやり、あろうことかギャラクトロンとの戦いでは自らナオミを傷つけてしまった。

医者のコスプレで(聴診器まで持っていた!)ナオミに襲いかかったジャグラス ジャグラー(青柳尊哉)から間一髪で助け出した後も自分を責め続ける。

「これ以上、大切なものを傷つけたくないのに……。俺といるとみんな不幸になる

ふさぎこむガイに、ナオミが声をかける。