bit

新しい洗濯表示が分かりにくい! 覚え方を「洗濯王子」に相談してみた

新しい洗濯表示が分かりにくい! 覚え方を「洗濯王子」に相談してみた
出典:消費者庁ウェブサイト

普段、洗濯表示を見るタイミングといえば、服を買った後に、初めて洗濯するときや、クリーニングに出すときくらい。つまり、ほとんど見ないのが洗濯表示というものだ。

そんな洗濯表示が、今年、2016年12月から新しくなるという。これまでほとんど見てこなかった人にとっては、「ふ~ん。そうなんだ。」で終わってしまうかもしれないが、実は、洗濯好きや"ちゃんと"家事をやる主婦にとっては、非常に焦る事態が発生している。
その新しい洗濯表示は、至極、分かりにくくなるのだ。

新洗濯表示の記号、22種類から41種類に増加


そもそも、これまでも決して「分かりやすい」とは言いえなかった洗濯表示。なんとなく「そういう意味かな?」と予想がつくものといえば、桶の上に「手洗イ」と描かれているものや、円の中に「ドライ」と描かれているもの、そして雑巾をキャンディのようにしぼったところに、「ヨ・ワ・ク」と可愛く描かれているものなどがあった。このような、子供でも意味が分かる易しい表記は、かろうじて救いだった。

しかし、12月から一新される洗濯表示には、このような易しさが一掃されている。なんと、洗濯記号の種類は22種類から41種類にも増え、○や△、□などにラインが入るだけなど、まるで古くからの親友に突然「モールス信号」を突き付けられたのと同じくらいショックな様相なのだ。

そんな分かりにくさを克服するために、消費者庁は、その"うまい覚え方"を、さまざまなツールを用いて訴求している。ポスターや動画、さらには「すごろく」や「かるた」など、昔なつかしいものまで用意しているのだ。
コネタの記事をもっと見る 2016年11月14日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース