bit

映画「この世界の片隅に」は日常系アニメ たとえ戦争中でも生活は続いている

       
映画「この世界の片隅に」は日常系アニメ たとえ戦争中でも生活は続いている

ライター・編集者の飯田一史さんとSF・文芸評論家の藤田直哉さんによる、話題の作品をランダムに取り上げて時評する文化放談。今回はアニメ映画『この世界の片隅に』を取り上げます。

戦時下の日常系


藤田 片渕須直監督『この世界の片隅に』が話題になっています。今年度ナンバーワンアニメであるという声もあがっているほどですが……。
 第二次世界大戦のときの、広島と呉が舞台で、そこでの日常生活を非常に丁寧に描いた作品です。クラウドファンディングで3600万円以上集めたことでも話題のアニメでもあります。それで参加の感覚を支援者は抱くので、応援したくなりましたよね。のん(元、能年玲奈)さんが関わっているので、マスメディアでは宣伝しないように圧力がかけられたと報じられる騒動もあり、SNSを中心に多くの人が「応援」に「参加」して「宣伝」している現象も興味深いです。

飯田 戦時下の呉を舞台にした日常もの(?)ですね。アニメ『ブラックラグーン』(異様なこだわりで作られた傑作)や『マイマイ新子と千年の魔法』の片渕須直監督の最新作で、制作はMAPPA。企画は丸山正雄さん。虫プロの時代から日本のアニメーションにずっと携わってこられた方(長くマッドハウスにおられて、その後、MAPPAを立ち上げ)ですが、こと2000年代以降に限っても細田守に『時をかける少女』を撮らせた人であり、渡辺信一郎に『坂道のアポロン』を撮らせた人でもあります。撮るべきひとに撮らせる機会をつくってきたのが丸山さんですが、本作もまさにそういう作品でした。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「映画「この世界の片隅に」は日常系アニメ たとえ戦争中でも生活は続いている」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    作品がお義姉さんよりすずさんの生き方を肯定してるとか、ポスト宮崎駿の後継などと話す藤田さんという方は的外れだと思います。ほかの作品のレビューでもそうでしたが、独善的な押し付けを感じます。

    12
  • kawa 通報

    上映のタイミングは良かったのでは。話題になった作品を含め、アニメーション(に携わる皆さん)の力を世の中にこうして伝えられたのですし。それにしてもこんなに周りの人に観てほしいと思えた作品は初めてです。

    5
  • わっかん 通報

    良い作品なんだが・・・「君の名は」に隠れてしまってもったいない。放映のタイミングが悪い。「のん」を声優に使うあざとさがなけりゃもっと良かったんだが。

    4
この記事にコメントする

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月4日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。