2016年11月26日、モーニング娘。の元リーダー・道重さゆみが、自身のブログで来春からの芸能活動再開を宣言しました。 卒業から丸2年。待望の復帰とあって、各芸能メディアでトップニュースとして報じられたのは、記憶に新しいところです。
その吉報から3日後。一人の元・モー娘。が、ひっそりと事務所との契約終了を公表しました。彼女の名前は久住小春。かつては「ミラクル」とまで称された元アイドルです。

つんく♂も大絶賛する逸材だった久住小春


「これミラクルちゃうん?」

モーニング娘。オーディション2005の最終審査。モニターを見つめるつんく♂は、思わず唸りました。
画面に映し出されていたのは、当時12歳の久住小春。もともと、このオーディションのコンセプトは“エースを探すこと”。事務所としては、人気に陰りが見え始めていたモー娘。を再興へと導く、かつての後藤真希のような救世主が必要だったのです。
そんな折に現れた、大きな黒い瞳が印象的なこの美少女に、つんく♂は無限の可能性を感じたに違いありません。応募総数21,611名。その中から唯一の合格者としたのは、そんな期待の表れだったといえるでしょう。
かくして、モーニング娘。7期生としてデビューした久住。彼女の教育係に任命されたのが、その2年前から活動していた道重でした。

挨拶ができない、極度の音痴…ポンコツだった道重さゆみ


道重は久住のような「期待の星」ではありませんでした。モー娘。の振付師として有名な夏まゆみ先生曰く、オーディション当時の彼女は「極度の引っ込み思案だった」とのこと。「おはようございます」の挨拶もできない、「はい」の返事も蚊の鳴くような声といいます。