bit

不動の人気菓子「かっぱえびせん」はなぜ類似品がほとんどないのか

東京オリンピック開催年の1964年に作られ、昔も今も不動の人気を誇る、やめられないとまらない「カルビーかっぱえびせん」。

不動の人気菓子「かっぱえびせん」はなぜ類似品がほとんどないのか
かっぱえびせん現在のパッケージ。


誰もが好きな「エビのお菓子」だが、不思議と類似品がほとんどない。なぜなのか。
改めてカルビー株式会社に聞いてみた。

「かっぱえびせんの生みの親は、カルビー株式会社の創業者である松尾孝氏。1959年、まだまだ食糧不足だった日本で、腹持ちのいい小麦粉を使った『小麦あられ』をヒットさせた松尾氏は、新しいフレーバーを思いつきます。当時は広島に本社があり、エビが豊富に獲れる瀬戸内が近かったこと、加えて、松尾氏が小さい頃にお母さんが作ってくれた『エビのかき揚げ』の美味しさをなんとかお菓子にできないかという思いで開発に着手しました」(広報担当者 以下同)
サクサクした食感と、エビならではのうま味。エビのかき揚げをヒントに目指したお菓子のポイントは、“あとを引く”美味しさだった。

55年に前身の「かっぱあられ」が誕生し、そして64年には「かっぱえびせん」が発売されたのだという。

不動の人気菓子「かっぱえびせん」はなぜ類似品がほとんどないのか
初代はこんなパッケージだった。


食糧難の時代が呼んだエビのスナック


それにしても、エビを使ったお菓子は米菓にはたくさんあるが、なぜ米菓ではなく「スナック」だったのだろうか。
「試行錯誤したのは、あられの中にエビを入れる方法です。干しエビを練り込んでみたり、エビを茹でたり焼いたり……。その結果、生でも食べられる新鮮なエビを丸ごとミンチし、生地に練り込む方法に辿り着きました」

あわせて読みたい

  • ベビースターラーメンで文字を再現

    ベビースターラーメンで文字を再現

  • おもちゃのカンヅメ月1万人が当選

    おもちゃのカンヅメ月1万人が当選

  • 「バブリシャス」販売終了していた

    「バブリシャス」販売終了していた

  • コネタの記事をもっと見る 2016年12月26日のコネタ記事
    「不動の人気菓子「かっぱえびせん」はなぜ類似品がほとんどないのか」の みんなの反応 5
    • 中野慎介 通報

      ビックリだにゃぁ

      5
    • 匿名さん 通報

      ぼく、うんこしてこよっと。

      1
    • 匿名さん 通報

      日本人って名前でコメントしているネトウヨ、韓国情勢にやたら詳しいよな、日本人のふりするのだけはやめろよな、臭いから。

      1
    • 日本人 通報

      おまえ、なんで俺が日本人じゃなくて韓国人って知ってんだよ、バカ死ね

      1
    • 匿名さん 通報

      子供の頃はからあったし、ベストセラーには間違いない。いまだ食べてるし・・・

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース