review

本日公開「ポッピンQ」は「ドラゴンボール」と「プリキュア」の血を受け継いでいる。宮原監督を直撃

12月23日公開の、東映アニメーション60周年記念オリジナルアニメ映画「ポッピンQ」。それぞれに悩みを抱いた中学校3年生の少女たちが、不思議な世界「時の谷」で出会い、トラブルを乗り越えながら再び歩き始める──というジュブナイルストーリーだ。
黒星紅白によってデザインされた少女たちは、華やかに、繊細に、画面の中で動いている。こんな多感な少女を描ける宮原直樹監督とは、いったい何者なのか? 公開を記念して宮原直樹監督にインタビューを行った。
本日公開「ポッピンQ」は「ドラゴンボール」と「プリキュア」の血を受け継いでいる。宮原監督を直撃
12月23日公開の映画「ポッピンQ」。卒業を前にした中学校3年生の少女たちは、悩みを抱えて一歩前に踏み出せずにいた。しかし、不思議な出会いが、彼女たちを変えていく──。
(C)東映アニメーション

──「ポッピンQ」を見て、「心の中に生き続けている中学生女子」(概念)が号泣しました!

宮原 ありがとうございます。こんなおっさんが作っています。

──監督の子どものころのお話を聞かせてください。

宮原 長崎県の対馬で生まれ育った、フツーの男子でしたよ。中学校の時は帰宅部で、高校は美術部でした。ただ、ずっと絵を描いていましたね。小学校2年くらいから、コマを割った漫画も描いていて。記憶にはないですけど、田舎の家には小学校に入る前の「コレあんたが描いたのよ!」みたいな絵が出てくる(笑)。

──例えば、手塚治虫さんの絵をマネしてみたり?

宮原 漫画家というよりも、アニメを見て描いていたんだと思いますね。身内褒めみたいになってしまうかもしれないですが、僕の小学生のころは東映アニメの「マジンガーZ」「デビルマン」「キューティーハニー」なんかが全盛期でした。だから、当時は一番永井豪さんの絵柄に影響を受けていたかもしれません。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月23日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。