bit

まるで駅弁レベル!? サミットの「牡蠣めし弁当」はいかにして作られたか

まるで駅弁レベル!? サミットの「牡蠣めし弁当」はいかにして作られたか
サミットの店舗がお近くにある方は、ぜひお試しを。
今年も気づいたら始まっていた、サミットストアの季節限定のお弁当「牡蠣めし弁当」。

『デリカテッセン・トレードショー 2015 お弁当・お惣菜大賞』の「弁当部門」で最優秀賞を受賞した商品で、まるで駅弁のようなクオリティには驚かされる。
そもそもどんなきっかけで作られたものなのか。サミットの総菜部担当者に聞いた。

「牡蠣めしの“初号機”が出たのは2014年。もともとはメーカーさんからの持ち込みで、タレときんぴらのような具材をご飯に混ぜ込み、その上に牡蠣をトッピングする提案を採用して発売しました。でも、『もっと美味しくできるんじゃないか?』と思い、改良を行ったのです」
以前はサミットではお弁当の立ち位置が弱く、丼などの低単価の商品はよく売れるが、特徴のある商品がなかったそう。
そこで、「牡蠣そのもの、そしてご飯の牡蠣のうまみをもっと感じられるようにするため、まず四国のタレメーカーさんまで足を運び、『牡蠣めしのための特製のタレを作ってくれないか』と相談しました。化学調味料をできるだけ使用せず、製造方法も変えて牡蠣本来の風味が感じられる炊き込みご飯に仕上げました。最後に店舗で蒸し上げた牡蠣を2 粒のせることで、牡蠣のうまみやジューシーさが際立つ商品になったのです」

お弁当・お惣菜大賞の反響


弁当としての副菜にもこだわった。
「牡蠣フライは、牡蠣の産地の広島で船に乗り、牡蠣筏(かきいかだ)で買付する牡蠣を見せてもらったうえで、自身が納得できる品質とサイズを決めました」

あわせて読みたい

  • スーパーで生肉ベタベタ触る人って

    スーパーで生肉ベタベタ触る人って

  • スーパー店員があきれるトンデモ客って!?

    スーパー店員があきれるトンデモ客って!?

  • 小さなスーパー『売れ続ける理由』

    小さなスーパー『売れ続ける理由』

  • 天皇陛下の好物 チキン弁当を実食

    天皇陛下の好物 チキン弁当を実食

  • コネタの記事をもっと見る 2016年12月30日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース