review

「べっぴんさん」「あさが来た」「とと姉ちゃん」2016年朝ドラと事件を振り返ってみた

       
月から土まで毎朝やっている朝ドラ「べっぴんさん」も年末年始はお休み。28日で年内は本編終了。29日は総集編で、31日は前作「とと姉ちゃん」総集編、スピンオフ「もうひとつの物語“福助人形の秘密”」再放送がある。総集編の前の8時からは特集番組「とと姉ちゃんとあの雑誌」の再放送もあって万全だ。
「べっぴんさん」「あさが来た」「とと姉ちゃん」2016年朝ドラと事件を振り返ってみた
イラスト/小西りえこ

今年の朝ドラは、1月〜3月までは、大阪の実業家をモデルにした「あさが来た」、4月〜9月までが、カリスマ雑誌「暮らしの手帖」の創始者をモチーフにした「とと姉ちゃん」、10月〜が神戸の子供服メーカーの創業者をモデルにした「べっぴんさん」と3つの物語が放送されて、どの作品も視聴率20%をほぼほぼ超え続け、大変愛されている。話題にも事欠かなかった。そこで、毎日朝ドラレビューの今年の締めは3作の朝ドラの事件ポイントをまとめます。

事件1.「あさが来た」 ディーン・フジオカに視線集中


朝ドラ初、江戸時代からはじまった「あさが来た」は、女だてらに炭鉱、銀行、女学校と事業をおこしていく進歩的な主人公あさ(波瑠)が主人公。彼女を親身になって手助けする五代友厚を演じたディーン・フジオカの甘い雰囲気に注目が集まり、2016年Yahoo!検索賞俳優賞を受賞するほどに。「あさが来た」終了後もドラマや写真集など大活躍した。
「べっぴんさん」「あさが来た」「とと姉ちゃん」2016年朝ドラと事件を振り返ってみた
イラスト/小西りえこ

事件2.「あさが来た」 視聴率が今世紀の朝ドラで一番


2回目の朝ドラに挑んだ大森美香の脚本は、明るくテンポよくメリハリもあって評判がすこぶる良く、最終回の視聴率は27.1%。全話平均視聴率23.5%は今世紀の朝ドラで一番となった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「べっぴんさん」「あさが来た」「とと姉ちゃん」2016年朝ドラと事件を振り返ってみた」の みんなの反応 10
  • 匿名さん 通報

    相変わらず好き嫌いで書いてるなぁ。この人。 もうちょっとバランスよくしないと性格悪いのバレるよ(あ、バレてるか)

    9
  • ノラ猫 通報

    記者さん、的は射てると思う。 「とと姉ちゃん」のファンがとやかく言うかも知れないけど、 他2作品に比べれば脚本は雑に感じる。西高東低なのか? 「べっぴん」さんはとても丁寧な作りだ。続きが楽しみ。

    8
  • 匿名さん 通報

    とと姉ちゃんはキャストが豪華だった 通常朝ドラ観ない派だが西島さんと向井さんが好きで結局最後までみた

    6
  • 匿名さん 通報

    ライターさん、やっぱり不公平。 だってとと姉ちゃんのモチーフの史実との違いを唱えた週刊朝日にこの人、コメント出してるし。 非難された的書き方してるけど、張本人。

    6
  • 匿名さん 通報

    ただのあさ来たファンの記事。 評判の悪いライターらしいね。

    3
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュース

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュース

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「べっぴんさん」

朝ドラ「べっぴんさん」

戦後の焼け跡の中、娘のため、女性のために、子供服作りにまい進し、日本中を元気にかけぬけていく芳根京子演じるヒロインとその家族、そして、彼女の仲間たちが夢へと向かう物語。NHKにて、2016年10月3日〜2017年4月1日放送。

2016年12月29日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。