review

「べっぴんさん」72話。昭和23年のクリスマス、日本人はどうしてたのか

連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第12週「やさしい贈り物」第72回 12月24日(土)放送より。 
脚本:渡辺千穂 演出:鈴木航
「べっぴんさん」72話。昭和23年のクリスマス、日本人はどうしてたのか
イラスト/小西りえこ

72話はこんな話


クリスマスの日。紀夫(永山絢斗)は坂東営業所を辞めてキアリスの経理になることを宣言する。
すべてはすみれ(芳根京子)への思い。「すみれの仕事と家庭がうまくいくように間に立つ」、それが自分の幸せだと紀夫は気づいたのだ。

超高速社長交代


紀夫は「本日をもって坂東営業所を辞める」と言い、潔(高良健吾)は「今日からわしは坂東営業所を引き継ぐ」と超高速経営者交代。紀夫が辞めても体制に影響がないっていうのも寂しいけれど、適材適所というものがあるから、キアリスで経理のほうが合っていると思う。
もともと紀夫は子供の頃からすみれが好きだったから、こういうふうにすみれのためを思って進路を変更するのもナットクの展開だ。
72話は珍しく、長台詞があるが、いつも言葉少ない人物が思い余って語ると説得力がある。

言葉数が多い名シーンはここ!


さくら「お父さんはお母さんのどこが好き?」
紀夫「愛にあふれているところ」 
ここはいつもの言葉少ないパターン

さくら「お母さんは お父さんのどこが好き?」
すみれ「なんか、なんかなあ・・・ちゃんと見てくれてるところ、優しいところ、意外に男らしいところ、
家族を大事にしてくれるところ、それから計算の正確なところ・・・」

あわせて読みたい

  • 「べっぴんさん」うわあ〜ってなるもの

    「べっぴんさん」うわあ〜ってなるもの

  • 「べっぴんさん」自分の幸せのために

    「べっぴんさん」自分の幸せのために

  • 「べっぴんさん」余計なことを言う男

    「べっぴんさん」余計なことを言う男

  • 「べっぴんさん」夫たちの心の狭さよ

    「べっぴんさん」夫たちの心の狭さよ

  • レビューの記事をもっと見る 2016年12月26日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    「連続テレビ小説 + まんぷく」のおすすめ記事

    「連続テレビ小説 + まんぷく」のおすすめ記事をもっと見る

    次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュース

    次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    べっぴんさん

    べっぴんさん

    NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」のレビュー記事一覧。

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。