review

富野由悠季「『アトム』は許しがたい」「ニッポンアニメ100年史」が永久保存モノすぎた件

       
昨夜(1/28)、BSプレミアムにて放送された『クリエーターたちのDNA~ニッポンアニメ100年史~』。今年100周年を迎える日本のアニメを記念したNHKの連続企画「ニッポンアニメ100」の一環だ。
富野由悠季「『アトム』は許しがたい」「ニッポンアニメ100年史」が永久保存モノすぎた件
庵野、押井がリスペクトする監督・出崎統
『出崎統の世界』河出書房新社

コンパクトに日本のアニメ100年の歴史を振り返りつつ、それぞれの年代のエポックになる作品については、その作品に影響を受けたトップクリエーターたちが登場して語るという構成だった。

クリエーターたちの豪華な顔ぶれや、民放の「なつかしアニメ」番組とは違う地に足のついた構成に、視聴者からも「わかりやすい」「永久保存モノ」「地上波で再放送お願い」などの声が相次いだ。クリエーターたちの言葉を軸に番組を振り返ってみたい。

日本アニメの勃興期


『くもとちゅうりっぷ』(43年)
政岡憲三による国産初のセルアニメ。童話が原作。

『桃太郎の海鷲』(43年)
政岡の弟子・瀬尾光世が制作した国威発揚アニメ。制作を依頼したのは海軍省。

小田部羊一 『アルプスの少女ハイジ』(74年)、『フランダースの犬』(75年)、『母をたずねて三千里』(76年)キャラクターデザイン・作画監督
『桃太郎の海鷲』を見てアニメを志した。「航空母艦の上にいたウサギのキャラクターにとても惹かれた。あったかくて、柔らかくて、生きていそうな。そういうものを表現したくなる」

いきなりレジェンド登場。戦前のことを詳しく語り、視聴者は「本当に60分で収まるのか?」と不安に。戦争を経て、“ディズニーを目指した男”東映社長の大川博が1956年に東映動画を設立。ディズニーを模して、大規模なアニメ制作システムを構築した。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「富野由悠季「『アトム』は許しがたい」「ニッポンアニメ100年史」が永久保存モノすぎた件」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    気づいたときはすでにおわっていた

    3
  • 匿名さん 通報

    期待以上にいい番組だった!!

    3
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年1月29日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。