smadan

ロリコン大国日本で男性保育士の女児着替え補助は適切か?【勝部元気のウェブ時評】

ロリコン大国日本で男性保育士の女児着替え補助は適切か?【勝部元気のウェブ時評】
画像は本文とは関係ありません

千葉市長の熊谷俊人氏が、1月末に自身のTwitterで男性保育士に娘の着替えを担当させないことを望む人に対して「差別です」等の発言をして波紋を広げました。

私も、熊谷氏の主張しているように、男性保育士に担当させないということは必ずしも正しい道だとは思えないのですが、熊谷氏の発言に関して主に以下の2点に強い違和感を覚えました。

(1)「社会が考慮するに足る理由無しに性による区別をすることは差別」という表現を用いて批判したこと。小児性愛者による性的加害の問題があるにもかかわらず、社会が考慮するに足る理由が無いと断定しています。また、「差別」という表現の使い方が、「男性差別を盾に女性差別を矮小化する人々」が日ごろ使っている文脈と同じだと感じました。

(2)「娘を男性保育士に着替えさせたくないと言う人は、同様に息子を女性保育士に着替えさせるべきではないわけですが、そんな人は見たことがありません」という発言をしたこと。小児性愛者による性的被害は圧倒的に女児のほうが多く、リスクが高ければ対策の強度を上げるのが当然ですが、「女性の場合は問題にならないから男性も問題ではない」という論拠を用いたことが、女児の性的被害に対して危機意識が乏しいと感じました。

実際、熊谷氏はインターネット上で議論が行われたのちにFacebookの投稿で、「個人的に今回の意見交換で一番勉強になったことは、(中略)女性の中に『男性に対して性的脅威』を感じる方が多いことが改めて分かったことです。」と述べたように、女性が感じる性的脅威に関して理解や認識が不十分だったことが批判を受けることに繋がったのだと思います。

そこで今回は、この男性保育士による女児への更衣介助問題に関して、社会はどう対処するべきかを論じたいと思います。

熊谷氏の目指すべき方向自体は正しい


まず、熊谷氏の主張しているように、男性保育士に女児の担当をさせないということは必ずしも正しい措置とは私も思えませんでした。
 
男性の産婦人科医が当たり前に存在しているように、保育士が専門職であることを考慮すれば、患者や児童が異性でも性的な視点を持つこと無く業務を行うことが求められているものであり、それができないならばその時点で専門職として失格です。一部では実際に男性保育士による更衣介助が制限されているケースもあるようですが、目指すべき方向性としては、性別関係無く業務をできることでしょう。

そもそも女子差別撤廃条約の第一条に、「差別とは性に基づく区別、排除又は制限区別すること」と明記されており、本来いかなる区別もあってはなりません。ですから、熊谷氏の発言は「差別なき社会」を理想とする上での基本の理解としては間違っていないと思います。

編集部おすすめ

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スマダンニュースランキング

スマダンランキングをもっと見る

勝部元気のウェブ時評

勝部元気のウェブ時評

コラムニスト・勝部元気さんの連載記事です。

お買いものリンク