smadan

森友学園報道で教育勅語の親孝行に賛同する感動ポルノな人たち【勝部元気のウェブ時評】

安倍晋三首相の関与が指摘されて、連日テレビや新聞等で報道されている森友学園問題。私は専門外の部分も多いので内容に関して安直なことは言えないのですが、テレビ等の報道の仕方に関して、かなり問題だと感じていることがあります。

「カネの問題」より「教育の問題」が重大


森友学園報道で教育勅語の親孝行に賛同する感動ポルノな人たち【勝部元気のウェブ時評】

まず、様々な論点がある森友学園問題ですが、大きく分けると「教育の問題」と「カネの問題」に分けることができると思います。そして、この2つの領域について「行政や政治の関与」が指摘されているわけですが、TVを視聴しているとどうも「カネの問題」にばかりウェイトが割かれているように感じるのです。

ですが、森友学園問題でどちらがより重要な問題かと言えば、圧倒的に「教育の問題」でしょう。テレビで映像を見た人も多いと思いますが、暴力を振るう、恥辱を与える、極端な思想を植え付ける等、子どもの健全な教育という面からあってはならない人権侵害が現実に起こっているわけです。それに有力政治家が賛同していたのであれば、大変由々しき問題です。

また、憲法や国のあり方という根本的なところに係わる問題であり、教育勅語が再びこの国で地位を確立するとなれば、それこそ社会的な損失は値引きされた8億円では済まされません。


「教育の問題」から逃げるコメンテーター


ところが、あくまで私が確認した範囲のみになってしまうのですが、「カネの問題よりも教育の問題のほうが重要である」ということについて地上波テレビで明確に指摘している人はほとんどいませんでした。私の知っている限りですと、元文部省官僚で評論家の寺脇研氏だけです。

指摘しないのならまだ分かります。問題なのは、「教育の問題」がスタジオで話題になっているにもかかわらず、コメンテーターの中には「カネの問題」に話をすり替えようと試みる人が目立つことです。

前述の寺脇氏が直前に指摘しているにもかかわらず、それでもなお「カネの問題」に話をすり替えようとする人もいて、彼らは教育勅語に関して問題無いという見解なのだろうかと思ってしまいます。

実際、日を追うごとに、「教育の問題」を扱う報道は減り、「カネの問題」ばかりが注目されています。野党の追及も同様です。確かにカネの問題のほうが、良し悪しがハッキリと見えるのかもしれないですが、絶対に教育の問題は外してはいけないでしょう。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

勝部元気のウェブ時評

勝部元気のウェブ時評

コラムニスト・勝部元気さんの連載記事です。

2017年3月22日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。