smadan

なぜ、独身でいる理由をいちいち説明しなくてはならないのですか?【勝部元気のウェブ時評】

       
なぜ、独身でいる理由をいちいち説明しなくてはならないのですか?【勝部元気のウェブ時評】
結婚したくない男性はおかしい?(画像は本文とは関係ありません)

専業主婦になりたい女性と結婚したくない男性のラブストーリーを描いたという月9ドラマ「突然ですが、明日結婚します」。ネットニュースでは低視聴率が続いていることばかりが話題になっていますが、近年増加する結婚をテーマにした作品ということで、気になって3話まで視聴したのですが、内容もゲンナリするものでした。

結婚に関する価値観が転換期を迎える今、多様な価値観のもと複雑な人間関係が織りなすドラマを描けると思うのですが、社会的な背景に関しては初回の冒頭に軽く触れただけ。

むしろ、男性が結婚したくないという価値観に至った背景には育った家庭環境や過去の恋愛等が影響しているようなことが匂わされており、同クールの『東京タラレバ娘』ほどではないにせよ、結局のところ「結婚したいと思うことがフツウ」という"呪い"にかかった人の見方だと強く感じました。

なぜ、結婚したくないことにだけ理由が求められるの?


「結婚することは当たり前」という価値観はまだ根強いものの、生涯独身者が急増する時代に突入したこともあって、徐々に薄れてはいると思うのですが、その一方で、「結婚したいと思うことは当たり前」という価値観はかなり根が深いように感じています。

たとえば、「どうして結婚したくないの!?」とは言われますが、「どうして結婚したいの!?」とは言われませんよね。なぜ、結婚したくないことにだけ理由が求められるのでしょうか? 結局はそこに「人は結婚したいと思うことが当たり前なのだ」という決め付けと偏見が存在します。

おそらく、本当はさほど結婚をしたくないと思っている人でも、「結婚したくない」と言えば根掘り葉掘りその理由を聞かれて、それが非常に面倒だから、ひとまず「結婚したい」と偽っている人も少なくないと思うのです。

結婚したくない人が変わり者扱いされる社会


ちなみに私も結婚したくない派の人間(正確には家庭生活を築くとしても日本の結婚制度と文化に則った婚姻契約はしたくない)なのですが、サラリーパーソン時代にそれを言ったら「変わり者扱い」され、「そういう人もいるのか」ではなく、「そのうち分かるよ」と言われました。プライベートなことに言及した挙句、他人の人生観を否定するのですから、ハラスメントですね。

「結婚制度や文化に対して全然詳しくわけでもない人が何を言っているの?こちとらそういうことを色々と調査・発信している人間なんだけど」と思って反論したら、そのような捨て台詞を吐かれたわけですが、残念ながらこのように価値観の多様性を全く理解できずセクハラをかます人はいまだに多いのではないでしょうか?

以前、政府が検討している職場内における婚活斡旋策に関して反対の意を表明した記事を書きましたが、価値観や人生観の多様性の概念すら認識できていない人が蔓延っているわけですから、セクハラを懸念する声があがることは当然でしょう。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

勝部元気のウェブ時評

勝部元気のウェブ時評

コラムニスト・勝部元気さんの連載記事です。

2017年2月8日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。