bit

草間彌生はどのように歩み、どこへ向かおうとしているのか? 全貌を紹介する展覧会へ行ってきた

という絵画のシリーズの制作を草間さんは2009年より始めており、現在もなお制作中です。
「先日伺ったところによると520作目まで完成されたということなので、7年余りで500点以上。ということは、年間70点くらいですね。草間さんは基本的にはウィークデーにスタジオに通って制作すると伺っているので、そうするとだいたい2~3日に1点のペースでこの絵画を描いていらっしゃるということになります」(南副館長)
今回は520点の中の約4分の1、130品が出展されています。これだけの規模、これだけの数の「わが永遠の魂」が並ぶというのはこれまでで初めてのこと。さらに今回出品されている130点はすべて、日本で公開されたことのない作品です。
「草間さんには70年にわたる前衛芸術家としての活動があるわけですが、その中で様々なスタイルやモチーフが出てきました。有名なものでネット・ペインティングがありますし、水玉のパターンは非常に有名です。そういった様々なモチーフやスタイルが『わが永遠の魂』シリーズからは随所に認めることができると思います。そういう意味では、草間さんの今までの活動の集大成、代表作と言っていいシリーズになるかと思います」(南副館長)

草間彌生はどのように歩み、どこへ向かおうとしているのか? 全貌を紹介する展覧会へ行ってきた

草間彌生はどのように歩み、どこへ向かおうとしているのか? 全貌を紹介する展覧会へ行ってきた

「このシリーズ、今回はなるべくたくさん見ていただきたいというのもありますし、作品の特徴を見ていただきたいというのもあるので、新美術館の大きな展示室の広い壁面に全く間隔を置かずにピッタリくっつけて展示しております」(南副館長)

あわせて読みたい

  • 武装ラブライバーとは何か?

    武装ラブライバーとは何か?

  • 明和電機を生んだ筑波大の発想

    明和電機を生んだ筑波大の発想

  • 8時間「あー」と言う男の正体

    8時間「あー」と言う男の正体

  • コネタの記事をもっと見る 2017年2月22日のコネタ記事
    「草間彌生はどのように歩み、どこへ向かおうとしているのか? 全貌を紹介する展覧会へ行ってきた」の みんなの反応 1
    • アシタカ 通報

      ワールド全開! 本人 w

      5
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース