bit

東日本大震災の経験から生まれた安否確認機能 Facebookに聞く災害対策

「地震の影響を受けた地域にいるようですが大丈夫ですか? 友達に無事を知らせましょう」

このメッセージは、2016年4月15日、熊本地震の被災地域にいたFacebook利用者に向けて発信された。
Facebookには、災害や有事の際に安否確認ができる「災害時情報センター」という機能がある。世界中で使われている本機能の開発には、東日本大震災が深く関係している。「災害時情報センター」をはじめとしたFacebookの災害対策について、フェイスブック ジャパン公共政策部長 山口琢也氏に話を伺った。
東日本大震災の経験から生まれた安否確認機能 Facebookに聞く災害対策
フェイスブック ジャパン公共政策部長の山口琢也氏。画面は「災害時情報センター」の熊本地震のページ


偶然被災地にいた人にも安否確認が届く


災害時情報センターの主な機能は3つある。
・Facebookでつながっている友達や家族に、自分が無事であることを知らせる
・災害の影響を受けた地域にいる人の安否を確認する
・Facebookでつながっている友達や家族の無事がわかっている場合、代わりに安否を報告する
東日本大震災の経験から生まれた安否確認機能 Facebookに聞く災害対策
災害時情報センター

災害が起きると、まず災害の影響を受けた地域にいる人に安否情報の登録を促すメッセージが通知される(冒頭の文)。
通知範囲はプロフィールに登録してある居住地や、スマホなどのネット端末の位置情報をもとに判定される。そのため、出張などで偶然被災地にいた人にも、きちんと通知が届くようになっている。

山口氏は内閣官房情報通信技術(IT)担当室での勤務経験を経て「日本という国を、どうやってITで良くしていこうか」考えるようになり、企業だからやれることをやっていくと決心。大手外資系企業で官民一体のプロジェクトなど数々の公共貢献業務に携わり現在に至る。そんな公共政策のエキスパートに、Facebookの災害時情報センターの特徴を教えてもらった。

「安否を知らせる側が簡単な操作で自分の無事を知らせることができます。例えばメールですと、100人友達がいたら100人から『無事ですか?』とメールが送られてきてしまう。本当に大変な状況下でいちいち返信するのは大変です。災害時情報センターなら、ボタン一つで無事を報告できます」

また、安否を確認したい側も、つながりのある人の情報が一括して判るという利点がある。
「災害の影響を受けた地域にいる友達の安否確認では、『友達107人が影響を受けた地域にいます』というような表記がされるので、何人の友達が災害の影響を受けたのかを合わせてチェックすることができます。なおかつプライベートにも配慮されていて、誰でも閲覧できる掲示板とは違いFacebook上で繋がりのある人しか見ることができません」


あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年3月6日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。